公式より

マーベルは4月にやってくる、これまでで最も致命的な「ハルク」を示したヴァリアントカバーを公開した。「ハルク」シリーズはライタードニー・ケイツとアーティストのライアン・オットリーによって描かれ、最初のストーリーではブルース・バナーがスターシップ・ハルクをコントロールできなくなり、さらに悪いものがハンドルを握ることで、壮大なクライマックスを迎えることになる。

ライアン・オットリーが描いたカバーでは、ブルース・バナーの最も残酷な変貌が描かれ、彼のハルクとしての人格がこれまでで最も破壊的な姿に進化している。

エディターのウィル・モスは「この新しい脅威は基本的にハルクのヌルだが、ドニーとライアンがハルク全体で行ったように、想像以上にクレイジーで危険だ。マーベル・ユニバースのヒーローたちは、ハルクが問題だと思っているかもしれないが、ハルクは問題ではなく、これが問題。そして、『ハルク』#6の後、それを止めることはできない・・・」と述べている。

「ハルク」#6は4月20日より発売予定。

created by Rinker
¥275 (2024/04/20 15:10:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,354 (2024/04/21 08:14:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す