CBRより

ロバート・パティンソンは、マット・リーヴス監督の映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」のラストで続編が設定されていることを認めた。

パティンソンはTotal Filmとのインタビューで、「この作品は、本当に、本当に珍しいバットマンの物語で、その後シリーズ化されることを想像するのはほとんど難しいように思える。(原文通り)つまり、彼らはいつも最後にちょっとだけ、こう言うんだ。『・・・やってくる!』と。しかし、それ以外は、妙に個人的な感じがする。人々は、その違いにかなりショックを受けると思う。」と述べている。

新たな伝説の幕開け!新バットマン/ブルース・ウェイン役には、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。監督・脚本を務めるのは、『猿の惑星』シリーズでエモーショナルなドラマを描き、SF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマンの新たな伝説が遂に幕を開ける。

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は2022年3月11日より日本公開予定。監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン、出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥407 (2024/04/19 19:27:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2024/04/20 06:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す