公式より

マーベルはディストピア的な未来世界「2099」の30周年を記念した新たなシリーズ「スパイダーマン2099:エクソダス」を発表した。

シリーズはライターのスティーブ・オーランドとアーティストポール・フライ、デヴィッド・ワクター、マルコ・カスティエロ、ゼ・カルロス、アレッサンドロ・ミルコラ、キム・ジャシントによって描かれる。物語は、あるセレスティアルが地球に降り立ち、この壊れた世界に希望の光をもたらすところから始まる。真の変革のチャンスを感じたスパイダーマン2099は、アスガルドからミュータントまで、マーベル・ユニバースのあらゆる場所と接触する旅に出ることになる。毎号、新しいキャラクターやチームに焦点を当て、2099ウィンターソルジャー、新バージョンの2099ロキ、2099 X-MENの新メンバーなどが登場する。

公式の概要によると「タイムストリームを越えて戦い続けてきたミゲル・オハラが、ついに自分の現在と世界の未来を守るために戻ってきた!スパイダーマン2099にとって、ヌエバヨークでの生活で唯一不変なものは変化だ。かつてアメリカの荒れ地だった場所に激震が走り、新たなエデンの園が生まれたとき、スパイダーマンは次の残虐行為が何であるかを正確に知っている。『スパイダーマン2099:エクソダス – アルファ』では、謎の集団『カバル』が社会を炎上させる計画を立て、どのマーベル・ヴィランが彼らを率いているのかを明らかにする。」という。

そして、「スパイダーマン2099:エクソダス」#1では、2099のウィンター・ソルジャー、別名ウィンター・ソルジャー13に出会う。ガーデンを支配することに飢えているのは、カバルだけではない。幼少期にブラックマーケットから救い出され、マッドサイエンスで育てられたウィンター・ソルジャーは、復讐と再生に燃えている。彼女はガーデンでどんな力を見つけ、それをどう使うのだろうか?

また、5月には「スパイダーマン2099:エクソダス」#2ではロキ2099を目撃する。アスガルドのラグナロクで最後の生き残りである「嘘の王子」は、アルケマックスのイージア・プログラムのスポンサーとなり、今や「追放の王子」となっている。カバルが社会の残滓を食い物にする一方で、ロキは自分のやり方でアスガルドを復活させようと企んでいる。しかし、ロキが絡むと災難が待っている?ロキの最後のトリックの秘密と、アスガルドとミッドガルドの未来にどのような影響を与えるのか?

オーランドは「2099の世界は、1990年代初頭のスピナーラックやトレーディングカードに囲まれた、私にとって初めての未来のディストピアであり、そのネオンに取り付かれたマーベルの未来のビジョンは、私の心の中にあるものだった。そして、その未来の最前線では、彼の名前を持つ誰もが常にそうであるように、未来の日常生活の人々のために戦っている。ミゲル・オハラ。スパイダーマン2099。それから何十年も経って、2099の30周年を祝うなんて、夢のようだ。そしてこの祝典の顔になるのは誰なのか、疑問の余地はない。親しみやすく、未来的なスパイダーマンだ!そしてミゲルにとって、この試合はスパイダーマン最大のヴィランの一人と直接対決する初めての機会であり、これまで以上に大きな意味を持つことになる。スパイダーマン2099で一緒に歴史を作ろう。そして2099年の人々を新しい明日へと導こう!」と述べている。

「スパイダーマン2099:エクソダス – アルファ」#1は5月4日より、「スパイダーマン2099:エクソダス」#1は5月11日より、「スパイダーマン2099:エクソダス」#2は5月18日より発売予定。

created by Rinker
¥3,157 (2022/09/25 14:22:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,288 (2022/09/25 11:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す