CBRより

2016年の映画「スーサイド・スクワッド」でデッドショットを演じたウィル・スミスは、ワーナー・ブラザースがデヴィッド・エアー監督のディレクターズカットを公開することへの支持を語った。

スミスはVarietyとのインタビューで、「言わせてもらうと、『スーサイド・スクワッド』には床に残ったものがいっぱいあるんだ。私はそれに夢中だ。あの世界観が大好きなんだ。両方のバージョンで作られたものが大好きなんだ。絶対に(観たい)」と語っている。

現在、リブート版「ベルエアのフレッシュ・プリンス」の製作総指揮を務めているスミスは、「スーサイド・スクワッド」への出演以来、DCエクステンデッド・ユニバースに戻ってきていない。しかし、彼は将来のDCEUプロジェクトでデッドショット役を再演することに興味を示している。

スミスは「エアーカット」公開への支持を表明したのは、スミスが初めてではありません。同作でジョーカーを演じたジャレッド・レトは以前、「スーサイド・スクワッド」のディレクターズカット版こそがストリーミングサービスのために作られたものだと発言している。

「スーサイド・スクワッド」は2016年に公開され、批評家からはすぐに酷評された。ほどなくして、ワーナー・ブラザースからリリースされたバージョンは、スタジオの干渉の産物であることが明らかになり、多くのファンが「#ReleaseTheAyerCut」を呼びかけた。特にジャレット・レト演じるジョーカーのシーンは大幅に削減されていると明かされている。ザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」ではこの呼びかけは成功したが、「スーサイド・スクワッド」では、まだ同じ効果は得られていない。

「スーサイド・スクワッド」はディスク版及びデジタル配信中。

created by Rinker
¥407 (2024/04/19 19:32:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,528 (2024/04/19 22:35:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す