CBRより

ドラマ「デアデビル」や「パニッシャー」などのNetflixオリジナルシリーズがNetflixから去る一方で、これらのマーベルドラマは間もなく新しいストリーミング配信の場を見つけることになるという。

Deadlineによると、Netflixで配信されているすべてのマーベルドラマ「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」、「ディフェンダーズ」、「パニッシャー」などは、マーベルとディズニーが近く発表する新しいストリーミングプラットフォームに移行する予定で、それがDisney+(ディズニープラス)に移行するかどうかはまだ不明である。今のところ、これら6つのマーベル・テレビジョンのドラマはすべて、3月1日をもってNetflixでストリーミングできる状態ではなくなっている。

このニュースは、「デアデビル」「パニッシャー」などが今後数週間のうちにNetflixを去るという発表のすぐ後に発表されたもの。マーベル・シネマティック・ユニバースがフェーズ4の進行に伴い、今後公開される映画やディズニープラスの番組で拡大を続けているため、これは驚くことではない。当初、ABCの「エージェント・オブ・シールド」や「デアデビル」といった番組は、2012年の「アベンジャーズ」の公開後、MCUを拡大するために作られたものだった。

マシュー・マードック役のチャーリー・コックス主演の「デアデビル」は、2015年から2018年にかけてNetflixで3シーズン配信された。その間にマーベルは「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」といった後続のNetflixドラマをリリースし、最終的には4人のヒーローがチームを組むリミテッドシリーズ「ザ・ディフェンダーズ」につながった。各シリーズはより大きなMCUを参照しながらも、映画内で正典と見なされるかどうかは不明なままだった。「デアデビル」の最終シーズンとなるシーズン3のリリース後、マーベルの各Netflixドラマは2018年にキャンセルされ、MCUの正典から削除された。

ドラマ「デアデビル」、「ジェシカ・ジョーンズ」、「ルーク・ケイジ」、「アイアン・フィスト」、「ディフェンダーズ」、「パニッシャー」はNetflixにて配信中。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥9,600 (2022/08/08 08:01:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥10,570 (2022/08/08 02:55:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す