CBRより

マット・リーヴス監督によるDC映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」の新しい本編映像が公開された。公開された映像ではダークナイトがGCPDの怒りを呼び起こすシーンとなっている。

主演のロバート・パティンソンがジミー・キンメル・ライブに出演した際に公開され、その中で、バットマンはジェームズ・”ジム”・ゴードン(ジェフリー・ライト)と対面する。世界最高の探偵は、ゴードンの役員の1人がペンギン(コリン・ファレル)のために働いていると推論する。その後、バットマンは右フックでゴードンを殴り、その時点でゴッサム市警全体が追いかけ、あらゆる方向から撃たれながらバットマンが階段を上っていく。

新たな伝説の幕開け!新バットマン/ブルース・ウェイン役には、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。監督・脚本を務めるのは、『猿の惑星』シリーズでエモーショナルなドラマを描き、SF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマンの新たな伝説が遂に幕を開ける。

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は2022年3月11日より日本公開予定。監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン、出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥6,326 (2022/05/25 02:36:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/05/25 07:17:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す