CBRより

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」の共同脚本・監督のマット・リーヴスは、DC映画の単独作品を本格的な共有ユニバースに拡大したいと明かした。

リーヴス監督はEWとのインタビューで、「バットバース」を作りたいという希望を語っている。リーヴスは「この映画で本当にやりたかったことは、バットバースを作ることなんだ・・・。というのも、第2章を作ることができないかもしれないから。だから、この物語はそれ自体で成り立っていなければならない。しかし、バットの世界はキャラクターが豊かなので、終わりを迎えようとすると、もう次のことを考え始めることができる。もちろん、ゴッサムの物語は終わらないという考え方もあるから。」と述べている。

リーヴスは現在、HBO Maxで「ザ・バットマン」と同じ世界でのスピンオフシリーズを2本開発中。そのうちの1本は「ゴッサムPD」という仮タイトルで、ゴッサム市警に焦点を当てた番組になる。もう1つの番組はまだタイトルが決まっていないが、「ザ・バットマン」のヴィランの1人であるペンギンが主人公となり、コリン・ファレルがこの役を再演することが決定している。

新たな伝説の幕開け!新バットマン/ブルース・ウェイン役には、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。監督・脚本を務めるのは、『猿の惑星』シリーズでエモーショナルなドラマを描き、SF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマンの新たな伝説が遂に幕を開ける。

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は2022年3月11日より日本公開予定。監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン、出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥6,421 (2022/05/20 23:59:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/05/21 06:37:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す