公式より

マーベルはコミックの歴史を通じて最も重要な黒人クリエイターとキャラクターに光を当てるノンフィクション散文小説「マイ・スーパーヒーロー・イズ・ブラック」を発表した。ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家ジョン・ジェニングスとプロデューサー、アンジェリーク・ロシェによって書かれる。

1960年代のブラックパンサーの登場、出版社のスタン・リーによる制度的人種差別への初期の取り組みから、ビリー・グラハム、クリストファー・プリースト、レジー・ハドリン、タナハシ・コーツといったクリエイターの画期的な仕事まで、「マイ・スーパーヒーロー・イズ・ブラック」はマーベルの黒人キャラクターとクリエイターについて豊富な検証、賞賛、歴史的概要を提供している。また、著名な黒人のクリエイターや著名人が、マーベルのスーパーヒーローとの個人的な関係について語る内容も含まれている。

ロシェは「『マイ・スーパーヒーロー・イズ・ブラック』は、現代の神話の最も壮大な例の1つである現代の黒人スーパーヒーローに至る業界の旅を追う。コミックというメディアは、私たちが逃避し、夢を見、私たちの世界の可能性を想像することを可能にしてくれる。私たちが誰を選ぶか、私たちのヒーローは、私たちが社会として何を大切にしているかを示している。最初に『マイ・スーパーヒーロー・イズ・ブラック』の共著者として、素晴らしいジョン・ジェニングスに声をかけられたとき、私はすぐにイエスと答えた。この物語は語られなければならないものだと思ったから。黒人のスーパーヒーローの物語、それが個人に与える影響、そして私たちの国や世界中でそれがどのように進化してきたか。この物語は、架空の物語の驚くべき娯楽性ではなく、メディアにおける黒人表現の現実の複雑さを反映している。生涯のジャンルファンとして、ジョンと私は、単なる歴史的参照ではなく、過去、現在、未来の黒人スーパーヒーローの旅を強調する物語を作ることに細心の注意を払った。」と述べている。

ジェニングスは「マーベル・コミックは、これまでに作られた中で最もダイナミックで象徴的な物語世界の1つ。出版機関として、コミックというメディアの可能性を最大限に追求するその革新的な試みは、ポップカルチャーの展望を変え、何百万人ものクリエイターやファンを刺激してきた。私はそのファンの1人であり、クリエイターの1人でもある。この歴史的な本を世に送り出すことができるのは、私の名誉であり特権でもある。アンジェリークと私は、私たちが大切に思っているキャラクターへのラブレター、広大なマーベル・ユニバースにおける黒人キャラクターとクリエイターへの賞賛、そして未来の世代のためのドキュメントを作ろうと努力してきた。マーベル・コミックは、『窓の外の世界』を見せることを信条としており、過去80年にわたり、まさにそれを実現してきた。『マイ・スーパーヒーロー・イズ・ブラック』は単なる参考書ではなく、新しい窓と新しい視点を通して、素晴らしい黒人キャラクターたちの可能性を示している。私たちは、観客が私たちと同じように、マーベル・コミックという宇宙のレンズを通して、『マイ・スーパーヒーロー・イズ・ブラック』における黒人の表現のスペクトルを体験することに興奮することを望んでいる。」と述べている。

「マイ・スーパーヒーロー・イズ・ブラック」は10月11日に発売予定。

created by Rinker
¥2,329 (2022/11/28 19:39:57時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す