CBRより

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」の共同脚本・監督のマット・リーヴスが、マーベル・シネマティック・ユニバースを手掛けない理由について、彼はマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギを賞賛しつつ、相互に関連する映画の世界は単に自分のスタイルではないと語っている。

リーヴスはVarietyとのインタビューで、「ケヴィン・ファイギと(マーベルの)映画製作者たちをとても尊敬している。しかし、正直に言うと、その中でどうやって自分の道を切り開くか分からない。自分の道を見つけるための自由があるような、ある程度の発見が必要なんだ。もし、あまりに強固に決められたものの中に入っていかなければならないとしたら、私は迷ってしまうと思う。そして、彼らも私を満足させることはできないだろう」と述べている。

新たな伝説の幕開け!新バットマン/ブルース・ウェイン役には、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。監督・脚本を務めるのは、『猿の惑星』シリーズでエモーショナルなドラマを描き、SF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマンの新たな伝説が遂に幕を開ける。

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は2022年3月11日より日本公開予定。監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン、出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥5,360 (2022/11/28 05:12:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/11/28 00:00:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す