公式より

マーベルは「ジェシカ・ジョーンズ」を主役にした新たなミニシリーズ「ザ・ヴァリアンツ」を発表した。全5号のシリーズはライターのゲイル・シモーンとアーティストのフィル・ノトによって描かれ、日常的な事件に巻き込まれた後、ジェシカはいくつかのバージョンの自分と対面し、自分の人生や選択について知っていると思っていたことすべてに疑問を持つことになる。

公式の概要によると「別バージョンの自分が異なる選択をし、その結果全く異なる人生を歩んでいるもう一人の自分に出会ったら、果たしてどんな感じなのだろうか?ジェシカ・ジョーンズは、日常的な捜査のはずが、マルチバースからやってきたもう一人の自分に出会うことになる。ジェシカは自分自身とうまくやっていけるのだろうか?彼女はもう一人の自分を殺したいと思うだろうか?そして、自分が送ることができたかもしれない人生を見ることで、彼女は自己破壊のスパイラルに陥るのだろうか?これが、あなたが『ヴァリアンツ』に出会ったときに起こること。」という。

シモーンは「トム・ブレヴォートからこのプロジェクトのオファーを受けたとき、私は古典的で画期的なブライアン・マイケル・ベンディスの物語から、最近の素晴らしいケリー・トンプソンの物語(これは絶対に読むべき!)まで、すべてのジェシカ物語を読み直した。彼女のようなコミックのキャラクターは他にいません。それはとてもエキサイティングなことだった。しかし、それとは別に、私にとってはバケットリストのアーティストである、あり得ないほど素晴らしいフィル・ノトが描いている。カバーでさえも、心が溶けるような美しさ。だから、これは最初から最後まで楽しい。信じられない。みんなに気に入ってもらえるといいな!」と述べている。

「ザ・ヴァリアンツ」#1は6月より発売。

created by Rinker
¥3,575 (2022/05/25 21:59:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,474 (2022/05/26 01:04:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す