CBRより

DCは新たな「ブラックアダム」シリーズを発表した。シリーズはライターのクリストファー・プリーストとアーティストのラファ・サンドヴァルによって描かれ、ブラックアダムは彼の不死を破壊する疫病に感染してしまう。

公式の概要によると、「ブラックアダムに許しはない。不死身の男、テス・アダムは彼の不死身を破壊する不治の病に感染したことを知ったとき、この現実に直面することになる。何世紀にもわたる悪行の亡霊に取りつかれたブラックアダムは、アダムの遺産を取り戻し、祖先の故郷であるカンダックを守ってくれる立派な後継者に自分の力を譲渡するが、その後アダムの疫病が逮捕されると、彼に神秘的な『手錠』がかけられ、おそらくDC史上最も不安定で機能不全のスーパーチームを誕生させる!」という。

プリーストは「陳腐な表現で申し訳ないが、新しいプロジェクトにこれほど興奮したことはほとんどない。DCは私に、このキャラクターを非常に新しい光の中で探求し、ある程度は再想像する素晴らしい機会を与えてくれた。ラファ・サンドヴァルは、すべてのコマに手に取るような電圧をもたらし、カービー・シモンソンのビッグ・ノイズの本能を引き出して、ラファの才能が私を今まで行きたかった場所に連れていってくれる。私の唯一の後悔は、このために月に22ページしかないことだ。」と述べている。

サンドヴァルは「私は生涯シャザムのすべてのファンで、私がいつも望んでいたことの一つは、カリスマ的なヴィランを描くことであり、ブラックアダムはこれに完璧だ。クリストファー・プリーストと仕事をする機会は今回が初めてだが、彼の細部へのこだわり、気配り、オープンさは素晴らしいクリエイティブパートナーだ。」と述べている。

「ブラックアダム」#1は6月21日より発売予定。

created by Rinker
¥2,368 (2022/11/28 20:48:46時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す