SyfyWireより

DCが新たなミニシリーズ「ダーク・クライシス:ヤング・ジャスティス」を発表した。全6号のシリーズは、ライターのメガン・フィッツマルティンとアーティストのラウラ・ブラガによって描かれ、イベント「ダーク・クライシス」のタイインとしてジャスティス・リーグ無き暗黒の時代でのヤング・ジャスティスを描く。

概要によると、「すべてはジャスティス・リーグの葬儀から始まり、スーパーボーイ、インパルス、ティム・ドレイクが行方不明になり、ワンダーガールの捜索の引き金となる。しかし、少年たちは『夢の世界で、決して離れたくない世界』に迷い込んでしまう。」という。

フィッツマルティンは「『ダーク・クライシス:ヤング・ジャスティス』#1は、ダーク・クライシスのストーリーに対するリアクションとなる。これは始まりで・・・この物語は、しばらく登場人物に会っていなかったので、皆がどのような状態にあるのかを理解するところから始まる。そして、本格的なカオスが起こる。この世界の前提は、私たちのチームだけでなく、多くの読者にとっても非常になじみ深いものだと思う。難しいのは、私たちが期待したり考えたりするような夢のような世界ではないということ。」と述べている。

「ダーク・クライシス:ヤング・ジャスティス」#1は6月21日より発売予定。

created by Rinker
¥1,841 (2022/11/28 13:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す