公式より

マーベルは新たなワンショット「エイリアン・アニュアル」を発表した。ライターのフィリップ・ケネディ・ジョンソンとアーティストのサルバドール・ラロッカによって描かれ、「エイリアン」シリーズのヒーローであるガブリエル・クルスの謎めいた悲劇的な過去を探求し、彼がゼノモーフと遭遇した当初の致命的な状況を明らかにする。

公式の概要によると「血界戦線の数年前、ウェイランド=ユタニの警備主任ガブリエル・クルスは会社人間だった。どんな代償を払っても、WYへの献身が第一だった。しかし、会社がゼノモーフを使った試験的な実験を行うことを決めたとき、クルスは罪のない兵士たちが死んでいくのを黙って見ていられるだろうか?」という。

ジョンソンは「私がどれだけ『エイリアン』の世界を愛しているかは、もう周知の事実だ。このシリーズに1年以上携わった今でも、マーベルの『エイリアン』を書くことに、初日と同じくらいワクワクしている。マーベルのメインアーティストであるサルバドール・ラロッカは、すべての段階において私のパートナーだった。サルバのシリーズアーティストとしての最終章では、私たちが一緒に作ったお気に入りのキャラクターの1つ、「ブラッドライン」の主人公であるウェイランド=ユタニの生涯のトリガーマン、ガブリエル・クルスに戻したいと思っている。マーベルのエイリアンに対する私のミッションステートメントは、常に『映画のように感じさせること』だった。しかし、この章では、最近の記憶で最も好きなゲームの一つである『エイリアンズ:ファイアーチーム・エリート』と映画を結びつける機会を得た。そのゲームを初めてプレイしたときから、全盛期のゲイブが仲間の兵士たちと一緒に、異形生物や戦闘用シンセサイザーと対面する姿を見たかったんだ。これこそ、読者(そしてゲーマー)がこのアニュアルで目にするものだ。映画と並ぶ章であると同時に、私のスーパーファン仲間が過去1年間に何時間もプレイしてきた、愛すべきゲームと並ぶ章でもあるのだ。」と述べている。

「エイリアン・アニュアル」#1は6月15日より発売予定。

created by Rinker
¥2,236 (2022/05/20 03:20:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥945 (2022/05/20 03:20:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す