CBRより

マーベル・スタジオが「デアデビル」シリーズのリブートに取り組んでいると報じられた。

これから製作が開始される映画やシリーズに特化した信頼できる業界誌Production Weeklyの最新号によると、マーベル・スタジオは「デアデビルのリブート」とだけ書かれたプロジェクトのリストを持っているとのこと。この記載は、「デッドプール3」や「マダムウェブ」、「クレイヴン・ザ・ハンター」、DCEU映画「ブルービートル」など、既に開発が確認されている多数のプロジェクトと一緒に提出されている。ヘルズ・キッチンの悪魔がいつMCUに帰ってくるかは、今のところ未定。

マシュー・マードック役のチャーリー・コックス主演の「デアデビル」は、2015年から2018年にかけてNetflixで3シーズン配信された。その間にマーベルは「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」といった後続のNetflixドラマをリリースし、最終的には4人のヒーローがチームを組むリミテッドシリーズ「ザ・ディフェンダーズ」につながった。各シリーズはより大きなMCUを参照しながらも、映画内で正典と見なされるかどうかは不明なままだった。「デアデビル」の最終シーズンとなるシーズン3のリリース後、マーベルの各Netflixドラマは2018年にキャンセルされた。先日にはNetflixとの契約が終了し、各作品はディズニープラスにえ配信開始された。

Netflixのマーベルドラマシリーズは年内にディズニープラスにて配信予定。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥6,600 (2022/11/28 04:45:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥6,600 (2022/11/28 19:47:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す