CBRより

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」からグリーン・ゴブリンのグライダーの未使用デザインが公開された。

コンセプトアーティストのジョシュ・ニッチがInstagramにて投稿し、劇中よりも凶悪にアップデートされたグライダーのコンセプトアートを共有した。ニッチは「これは、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でカットされたのが一番残念だったデザイン。ミステリオのドローンのようなスターク・テクノロジーのパーツを使い、ゴブリンはグライダーをアップグレードする予定だった。コミックでの彼のグライダーを再現するために、マスクを前面につけるというアイデアはとても嬉しかった。彼がクレイジーに見えるようにするのにも役立つ。最終的に、彼らはカットについて正しい判断をしたと思うが、私はまだこのデザインが大好きだ。」と述べている。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年1月7日より日本公開中。

created by Rinker
¥299 (2022/11/27 21:28:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,145 (2022/11/28 15:49:45時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す