Comicbook.comより

DC映画「ブルービートル」に新たに4人のキャストが追加された。

The Wrapによると、ジョージ・ロペス、アドリアナ・バラッザ、エルピディア・カリロ、ダミアン・アルカザールがキャスティングされ、4人全員がハイメの家族を演じ、ロペスはルディおじさん、バラッザはナナ、カリロはロシオ、アルカザールはアルベルトを演じる予定。

監督のアンヘル・マヌエル・ソトはThe Wrapに、「当初、私が家族を見つける際に目指したのは、ラテン系というだけでなく、アクセントや経験など全体的に本物を揃えることで、家族の長老たちがメキシコ出身であることが非常に重要だった。そして、メキシコ出身であること以上に、ラテンアメリカ映画だけでなく、アメリカのアングロサクソン社会とラテンアメリカ社会にも道を開いた、メキシコ出身の素晴らしい愛される俳優たちに敬意を表しているんだ。そして、ベリッサやゾロのような若い世代の新人を、彼らはメキシコ系アメリカ人であり、メキシコで生まれ、アメリカに渡ってきたという強い歴史を持つ前任者たちと結びつける。メキシコの家族、褐色のメキシコの家族、そのレベルの信頼性を提供することができ、このキャストによってそのすべてを手に入れることができたと思う」と語った。

コミックではブルービートルの化身がいくつか登場しているが、本作ではハイメ・レイエスが中心となる。キース・ギッフェン、ジョン・ロジャース、カリー・ハムナーによって作成されたハイメは、2006年の「インフィニット・クライシス」#3でデビューし、エイリアンのスカラベを介して彼の力を受け取る。アニメにも登場しており、ゲームシリーズ「インジャスティス」ではファンの間で人気を博していた。

映画「ブルービートル」の2023年8月18日より米公開予定。

created by Rinker
DC Comics
¥1,920 (2022/05/26 09:46:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DC Comics
¥1,374 (2022/05/26 10:15:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す