Comicbook.comより

ソニー・ピクチャーズのマーベル映画最新作「モービウス」の監督が、映画の世界にスパイダーマンは存在するのか明らかにした。

CinemaBlendとのインタビューでダニエル・エスピノーサ監督は、スパイダーマンの位置づけについて語った。彼の答えは、スパイディはどこかで揺れているが、観客が彼を正面から見るということはないということ。エスピノーサは「もちろん!つまり、ほとんどすべてのスパイダーバース、あるいは、マーベルの世界に存在し、コミックを読むと、その種のマーベルのひも理論、とでも呼ぶべき全体の考え方がある。これは、オルタナティヴなサインフェルドを思い出すと、とても関連性がある。同じキャラクターがいる世界があって、それはオールキャラクターなんだけど、微妙に違うんだ。だから、ほとんど全ての節で、スパイダーマンや、ファンタスティック・フォー、トニー・スターク、モービウスがいる。しかし、口調は違うだろう。それは(マーベル・シネマティック・ユニバースが)アプローチしている方法とは少し違うが、何らかの核となる真実にとどまっている。そして、2つ目の伝説は、トーテムに関するもの。すべての宇宙にはクモのトーテムが存在するというもの。つまり、すべての宇宙にはスパイダーマンが存在するはずなんだ。あるいはスパイダーウーマン」と述べている。

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていた。これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施す。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法だった。そのまま姿を消したモービウスは、2か月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れる。病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていた。さらに、超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスだが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれる。やがて彼の身体に更なる変異が起こる……
このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのか──

映画「モービウス」は2022年4月1日より公開予定。監督:ダニエル・エスピノーサ、脚本:マット・サザマ、バーク・シャープレス、出演:ジャレッド・レト、マット・スミス、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン、配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

created by Rinker
¥1,960 (2022/11/27 22:18:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥15,941 (2022/11/28 01:31:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す