CBRより

廃案されたベン・アフレック主演の映画「ザ・バットマン」から「デスストローク」のコンセプトアートが公開された。

アーティストのキース・クリステンセンは、ジョー・マンガニエロが「ジャスティス・リーグ」で着用したコスチュームよりも明らかに戦術的なコスチュームを着たデスストロークのアートを公開した。

マンガニエロは2016年末にDCエクステンデッド・ユニバースでスレイド・ウィルソン/デスストローク役に起用され、翌年「ジャスティス・リーグ」の劇場版カットでデビューを飾った。このキャラクターはアフレック主演の「ザ・バットマン」でメインヴィランとして登場し、ギャレス・エヴァンス監督による自身のソロ映画のヘッドラインにもなるはずだった。

新たな伝説の幕開け!新バットマン/ブルース・ウェイン役には、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。監督・脚本を務めるのは、『猿の惑星』シリーズでエモーショナルなドラマを描き、SF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマンの新たな伝説が遂に幕を開ける。

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は2022年3月11日より日本公開予定。監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン、出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥6,326 (2022/05/26 03:11:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥407 (2022/05/26 10:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す