公式より

マーベルが「スパイダーマン」の60周年を記念した展示会をサンディエゴのコミコン・ミュージアムで開催することを発表した。

ギャラリー内では、インタラクティブなインスタレーションや広大なセットピースを探索し、スパイダーマン神話に貢献した多くのクリエイターについて学び、過去60年間の貴重な資料の数々、原画コミック、アニメーション資料、ウォールクローラーの豊かな遺産と未来を展望する映画制作要素などを、従来の美術館展示と最先端のテクノロジーを組み合わせた空間を提供するという。

この展覧会は、コミック研究家のベンジャミン・サンダースとパトリック・A・リードが共同企画し、ベルリンの著名な集団であるStudioTKがデザインを担当した。彼らはいずれも、マーベルとセンメルと共同で大規模な巡回展「マーベル:ユニバース・オブ・スーパーヒーローズ」を開催した経験がある。

「ビヨンド・アメイジング:スパイダーマン – ジ・エキシビション」は2022年7月1日に一般公開され、年末まで展示される予定。

created by Rinker
¥2,301 (2022/05/19 13:58:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2022/05/20 05:08:03時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す