CBRより

※注意:以下、映画「モービウス」のネタバレが含まれます。

ソニー・ピクチャーズのマーベル映画「モービウス」の監督ダニエル・エスピノーサが、映画のクレジットシーンの意味について言及した。

エスピノーサはVarietyとのインタビューで、「モービウスと組むというバルチャーの提案はどういう意味か?彼らは何に向かって構築していか?」と聞かれ、「『ヴェノム』を発表して以来、ソニーの自信は高まっている。『スパイダーマン:スパイダーバース』は、脚本家や監督たちの功績により、これまで作られた中で最高のコミック映画の1つとなっている。この映画は、映画の世界観を変え、ソニーがこの映画で、すべてのパラレルタイムラインというアイデアを取り入れたことでも、その世界を変えた。今、彼らは『クレイヴン』を作っているが、彼らは未来を見据えているのだと思う。」とコメントした。

また、エスピノーサは、ソニーの今後の計画について、ほとんど知らないことを認めた。エスピノーサは「何か言ったら殺されそうだけど、あまり知らないんだ。ただ、計画があることは知っている。そして、彼らは存在するすべての疑問のような、発掘される特定のものがあることを言った。彼らの世界にはスパイダーマンは存在するのか?それは誰であるべきか?どうやら答えが出るようで、それを楽しみにしているんだ」と述べている。

天才的な頭脳を持つ医師マイケル・モービウス。彼は幼いころから、治療の術がない血液の難病を患っていた。これまで多くの命を救いながらも、己の病を治癒する方法だけを見出せずにいたモービウスは、自らの身体に実験的な治療を施す。それはコウモリの血清を投与するという、危険すぎる治療法だった。そのまま姿を消したモービウスは、2か月後、ロングアイランド沖に座礁したコンテナ船に突如現れる。病で痩せ細った姿から一変、顔には血色が戻り、隆起した筋肉が全身を覆っていた。さらに、超人的パワーとスピード、そして周囲の状況を瞬時に感知するバットレーダーや飛行能力を手にしたモービウスだが、同時に彼の中で、抑えきれない〝血への渇望“が生まれる。やがて彼の身体に更なる変異が起こる……
このユニバースに生まれ堕ちた彼は、果たして善なのか、悪なのか──

映画「モービウス」は2022年4月1日より公開中。監督:ダニエル・エスピノーサ、脚本:マット・サザマ、バーク・シャープレス、出演:ジャレッド・レト、マット・スミス、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン、配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

created by Rinker
¥1,960 (2022/05/26 02:58:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥13,297 (2022/05/25 18:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す