CBRより

DC映画「ザ・フラッシュ」と「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」に出演するエズラ・ミラーの度重なる暴力行為をめぐって、ワーナー・ブラザースの幹部が会合を開き、DCEUやウィザーディング・ワールドでの未来について話し合っているという。

ローリング・ストーンはWBの幹部が30日に緊急会議を開き、先日のミラーの逮捕や度重なる問題行動などについて話し合ったことを報じている。同報告の情報筋によると、「部屋の中での総意は、DCシネマティック・ユニバースへの出演の可能性を含め、ミラーが関わる今後のプロジェクトに一時停止をかけることだった。」という。この会議は、ミラーがハワイに滞在している間に起きた2つの事件の後に行われた。

3月28日、ミラーはハワイでバーの常連客2人と口論になり、嫌がらせと治安紊乱の罪で逮捕された。 ハワイ警察が提出した報告書によると、ミラーはバーで、カラオケを歌っている客にわいせつな言葉を浴びせており、「カラオケを歌っていた23歳の女性からマイクを奪い(障害行為罪)、その後、ダーツをしていた32歳の男性に突進した(嫌がらせ罪)」という。バーのオーナーはミラーに何度も落ち着くよう求めたがうまくいかなかったという。保釈金は500ドルに設定され、ミラーは釈放される前にそれを支払った。

保釈後、3月29日にミラーが滞在していたカップルはミラーが殺すと脅したとして接近禁止令を申請した。カップルは俳優が自分たちを殺すと脅し、女性のパスポートと男性の財布(社会保障カード、運転免許証、銀行カードなど)を盗んだとして、一時的な接近禁止命令の嘆願書を発行した。裁判文書によると、ミラーはカップルの寝室に乱入し、「お前とお前の尻軽女を葬ってやる」と言ったとされている。判事は一時的な接近禁止命令を出し、延長を検討している。

この2つの事件だけでなく、ミラーは2020年に女性の首を絞める映像を撮られている。同年4月には、アイスランドのレイキャビクにあるバーで「ジャスティス・リーグ」のスターが女性に暴行を加える様子を撮影した動画が公開された。その動画では、ミラーがファンと交流する前に、女性が2人に近づき、喧嘩をしようと冗談を言っているような様子が映っていた。ミラーは「ああ、喧嘩したいのか?」と答えた後、彼女の喉を掴んだ。その後、ミラーは女性の首に手をかけたまま床に投げつけ、その時、撮影していた人が間に入ろうとしたため、録画が終了した。

また、ミラーは以前から撮影現場で一緒に仕事をするのが難しいという考えも、今回の報道で持ち上がった。ある関係者はローリングストーン誌に、ミラーが「ザ・フラッシュ」の撮影中に「頻繁にメルトダウンしていた」と語っている。その情報筋は、ミラーが「理性を失っている」と表現し、「エズラは(自分の)頭の中に考えが浮かんで、『自分が何をしているのかわからない』と言ってしまうんだ」と語った。

映画「ザ・フラッシュ」は2023年6月23日より米公開予定。

created by Rinker
¥3,190 (2022/05/19 07:09:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2022/05/19 16:55:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す