CBRより

アンバー・ハードが共演のジェイソン・モモアとの相性の問題で、映画「アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム」にほとんど戻ってこなかったと、新たな報道で明らかにされた。

Puck Newsによると、ワーナー・ブラザースは当初、「アクアマン2」へのハードの出演を断っていたという。DCフィルムズのウォルター・ハマダ社長は、現在進行中のジョニー・デップ/アンバー・ハード裁判の宣誓証言の中で、この情報を述べている。この宣誓証言は一般には公開されていないが、弁護士によって裁判に導入される予定で、ハマダは「主演のジェイソン・モモアとの相性に懸念があった」と証言している。俳優たちはこれまでのインタビューで、こうした相性の問題について公に言及している。

ハードのチームは、元夫デップとの激動の過去と、それがもたらした継続的なスキャンダルが、「アクアマン2」への復帰要請がなかった本当の理由だと考えている。ハードは2018年の論説で、「私が出演していた映画が、私の役をリキャストした。私は世界的なファッションブランドの顔として2年間のキャンペーンを撮影したばかりだったが、その会社から降板させられた。映画『ジャスティス・リーグ』と『アクアマン』で私がメラ役を続けられるかどうか疑問が生じた。」と記載している。

2018年に公開された1作目の「アクアマン」では、ジェイソン・モモア演じるアーサー・カリーが、アトランティスの正当な王となるべく、オーシャン・マスターとブラックマンタに挑んだ。モモアは2019年にも、より多くのクリエイティブな意見を取り入れたと説明している。

映画「アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム」は2023年3月17日に米公開予定。

created by Rinker
¥1,528 (2022/09/24 18:53:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2022/09/24 20:52:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す