Comicbook.comより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「シーハルク」に出演するティム・ロスが主演のタチアナ・マスラニーのパフォーマンスを称賛している。

ET Canadaとのインタビューで、エミール・ブロンスキー/アボミネーションを演じるロスは、シリーズにおけるマスラニーの仕事を「驚異的」と呼び、自身とマスラニー、ブルース・バナー/ハルクを演じるマーク・ラファロの間でアドリブが行われたことも明らかにしている。ロスは「彼女は素晴らしいよ。本当に驚かされる。日常的なレベルで、時には台詞の着地点を確認しながら、そのレベルで、彼女の吸収力と演技力には本当に驚かされた。それに、彼女は面白い。良い俳優の証の1つは、そのコメディタッチであり、彼女はそれを持っている。マスラニーとラファロはとても面白くて、その日一緒に仕事をする相手によって、即興で演じることができた。一緒に仕事をした監督の中には、即興に前向きな人もいて、その状況でそのキャラクターと即興をするというのは、とても面白かった。控えめに言っても、珍しいことだった。」と述べている。

ドラマ「シーハルク」は主演のタチアナ・マスラニーに加え、ジンジャー・ゴンザーガ、ジャミーラ・ジャミル、ハルクとしてマーク・ラファロ、アボミネーションとしてティム・ロスが出演し、ドラマシリーズは1話30分のリーガルコメディになるという。

ドラマ「シーハルク」はディズニープラスにて配信予定。

created by Rinker
¥299 (2022/10/01 02:57:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥103,707 (2022/10/01 13:03:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す