公式より

マーベルが新たなミニシリーズ「X-ターミネーターズ」を発表した。全5号のシリーズはライターのリア・ウィリアムズとアーティストのカルロス・ゴメスによって描かれ、ダズラー、ジュビリー、ブーンブーン、ウルヴァリン(ローラ)が、マーベルの裏社会の暗部をカオス的に駆け抜ける。

概要によると「ジュビリー、ブーンブーン、ダズラーが誘拐され、謎の敵軍によって手の込んだ死の罠にかけられたとき、X-MENの典型的なやり方で、ワイルドな夜の外出がさらに狂気じみたものになる。爆破する力を持つ3人の獰猛なミュータントは何をするのか?X-MENの歴史上類を見ない、ネオンに照らされたハードコアで、ダウン&ダーティなアドベンチャーに乞うご期待!光の爆発、花火、時限爆弾、そして乱闘など、期待できるものはすべて揃っている。」という。

ウィリアムズは「この本は、セクシーで、バカで、カオスで、とても刺激的だ。この本の制作で私が一番好きな瞬間のひとつは、ジョーダン(D・ホワイト)が『どう思う?この本にペアレンタル・アドバイザーをつける?それともT+?・・・私はPAに傾いている』という問いかけだ。」と述べている。

ゴメスは「リアと一緒に『X-ターミネーターズ』を作るのが楽しみ。彼女は素晴らしいライターで、いつも楽しくて魅力的なストーリーを提供してくれる。このタイトルも例外ではない!アクション満載であることは言ったかな?また、X-MENは私の大好きなシリーズの一つで、X-ファミリーに戻るのはいつもクールだ!」と述べている。

「X-ターミネーターズ」#1は7月6日より発売予定。

created by Rinker
¥2,784 (2022/10/01 09:14:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥5,280 (2022/10/01 22:16:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す