CBRより

DCは「ディテクティブ・コミックス」の新たなクリエイティブチームを発表した。ライターのラムVとアーティストのラファエル・アルバカーキがシリーズを引き継ぎ、#1062から「これまで見たことも聞いたこともないようなハイゴシックな物語」を提供するという。

ストーリー「ゴッサム・ノクターン」パート1/4:「オーバーチュア」から始まり、闇に包まれたゴッサムの街は、不思議なメロディに誘われた悪魔たちの静かな侵略を受けているという。ブルース・ウェインはこの新たな脅威と闘う一方で、彼の感覚を圧倒し始める迫り来る恐怖に直面し、内なる悪魔と迫り来る自身の死を恐れるようになる。Vとアルバカーキは、バックアップストーリーのライターであるサイモン・スプリエに加わり、ジム・ゴードンが個人的な調査に戻るところから始めて、ゴッサム・シティの他の部分を探索する予定。新チームは、ライターのマリコ・タマキとナディア・シャマス、アーティストのイヴァン・レイスとダニー・ミキ、バックアップライターのシーナ・グレース、バックアップアーティストのデイビッド・ラパムから引き継がれる。

Vは「『ディテクティブ・コミックス』のような歴史と血統を持つタイトルを書くことは、とてもスリリングなこと。私にとって、バットマンというキャラクターと彼を取り巻く世界の魅力は、常にその上に横たわる悲劇にあった。だから、そういう観点から、『ゴッサム・ノクターン』はバットマンの真髄を、ゴシックオペラの美学で描いた物語なんだ。私はこのプロジェクトで素晴らしいクリエーターと編集者のグループと一緒に仕事ができて幸運だ。ラファエル・アルバカーキとデイヴ・スチュワートほど完璧なコラボレーターを思い描くのは難しい。2人ともすでに巨匠だが、特にこの物語の美的レンズにはぴったりだと思う。私たちが創り出すものを読者が体験するのが待ちきれない。野心的な物語だ。DCの中にDCを入れるタイトルにふさわしいものであることを期待している。」と述べている。

アルバカーキは「ディテクティブ・コミックス」への参加に興奮し、Vがバットマンを描くことで、古典的なキャラクターに新鮮なスピンがかかると述べている。アルバカーキは「バットマンは私たちが幼い頃から親しんできた伝説的な存在であり、私たちの多くは、自分がこの立場だったらどうするかということを想像しながら、多くの時間を過ごしてきた。私にとってバットマンはそれほど真剣な存在であり、アーティストとして活動してきた中で、幸運にもバットマンを少しばかり担当することができた。ラムVは特別なものをもたらしてくれる。ユニークなものだ。ラムのストーリーは、この愛するキャラクターに対する私のビジョンと一致するだけでなく、それを捻じ曲げ、別のレベルへと昇華させ、この特別な新しいテイクに参加したいと思わせる。それは、私にとってのものと同様にファンにとっても特別なものになるだろうと思う。」と述べている。

「ディテクティブ・コミックス」#1062は7月26日より発売予定。

created by Rinker
DC Comics
¥4,422 (2022/05/20 11:17:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す