公開中の映画「ソー:ラブ&サンダー」ではマーベル・コミックスに関連した要素や参照が多く存在している。映画に登場した多くのイースターエッグについて紹介。

以下、公開中の映画「ソー:ラブ&サンダー」のネタバレが含まれますので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーのオリジンストーリーはコミックスからそのまま採用されている

クリスチャン・ベールが演じるゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーは、「ソー:ラブ&サンダー」のヴィランで、愛する者の命を救うために神が介入しなかったことを恨む、苦悩する魂の持ち主。タイカ・ワイティティは、ジェイソン・アーロンとブッチ・ガイスの「ソー:ゴッド・オブ・サンダー」からゴアの原作を脚色し、ゴアと彼の死にゆく娘との関係だけに焦点を絞った。この作品は、ゴアの動機を観客が完全に理解できるようにする、力強く、感情的な導入部となっている。

ネクロソードは驚くほどコミックブックに忠実

ゴアは神々を殺す力を持つ、太古の剣 “ネクロソード “を偶然手に入れる。これはゴアの伝統的な武器で、コミックでは最終的に光と生命が生まれる前の宇宙を支配していた存在である「シンビオートの神ヌル」に結びつけられている。ビッグバンとセレスティアルズが銀河を紡いで存在を生んだことに怒ったヌルは、彼らを倒すための武器としてオールブラック・ザ・ネクロソードを創り出した。興味深いことに、映画のネクロソードには、コミックに描かれているものと矛盾するものはない。

シャドウ・レルム

MCUでは、ネクロソードの力をシャドウ・レルムに結びつけ、微妙に変化させている。これは、光がすべての色から漂白された別の次元として提示されている(映画でジェーン・フォスターが試したキャッチフレーズ「虹をもたらそう」をむしろ皮肉なものに感じさせている)。コミックでは、シャドウ・レルムはヌルの代理人であるソウル・マスターズと呼ばれるクリーチャーによって征服された次元。概念的には、ソウル・マスターズは映画でゴアが操る生きた影の生物と非常によく似ている。

ジョナサン・ブルーのカメオ出演

タイカ・ワイティティは、ニュージーランドの俳優ジョナサン・ブルーを、ゴアが崇拝する神ラプー役でカメオ出演させた。ブルーは「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」でワイティティと一緒に仕事をしたことがあり、このカメオ出演は非常にふさわしいものとなっている。ラプーは映画のために創作されたオリジナルキャラクターで、コミックには登場しない。

意外なキャストのカメオ出演

ナタリー・ポートマンだけでなく、「ソー:ラブ&サンダー」で復活するMCUの既存キャラクターもいる。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがカメオ出演しており、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは「アベンジャーズ/エンドゲーム」の最後でソーと共に宇宙へ飛び出していったので、彼らの登場は連続性の感覚を確立するのに役立つ。しかし、もっと意外なことに、最初の2作のソーからカット・デニングス演じるダーシー・ルイスとステラン・スカルスガルド演じるエリック・セルヴィグは、ジェーン・フォスターが自分の癌について話した数少ない人物であり、ジェイミー・アレキサンダー演じるレディ・シフも復活している。最も意外なカメオ出演は、イドリス・エルバ演じるヘイムダルで、ジェーンがヴァルハラにいるときに姿を現した。

アインシュタイン・ローゼン・ブリッジの復活

映画では、ジェーン・フォスターが地球で最も有名な科学者の1人として登場する。ビフレストはアインシュタイン・ローゼン・ブリッジであり、ジェーンがワームホールをよく理解している理由を説明している。ストームブレイカーがビフレストを召喚する力は、プロットの重要な部分となり、これは驚くほど重要なイースターエッグであることを意味する。

ニュー・アスガルドへの帰還

映画はトンスベルグという町にあるニュー・アスガルドを再び訪れる。この実在する場所は、一般的にノルウェーで最も古い町とされており、フィクション上では、その歴史がMCUのアスガルド人と結びついている。「マイティ・ソー」のフラッシュバックでは、オーディンがアスガーディアンを率いて1000年頃にテンスベルグでフロスト・ジャイアントたちと戦っていたことが明らかになり、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」では、レッドスカルがオーディンの崇拝者がテッセラクトをそこに隠していることを発見している。

インフィニティ・コーンズ

ニュー・アスガルドは一大観光地となっており、「ミズ・マーベル」のエピソード1のアベンジャー・コンでは、テンスベルクを巡るツアーの詳細が紹介された。そのため、「インフィニティ・コーンズ」と名乗るアイスクリーム屋があるのは面白い。人間は常にユーモアをもって悲劇に対処する傾向があるが、明らかにその特徴はアスガルド人にも共通している。

思いがけないチーム・ソーが登場

「マイティ・ソー バトルロイヤル」の撮影中、タイカ・ワイティティはソー・オーディソンがデイリー・ピアソン演じるダリルというルームメイトと暮らす短編を多数制作したことは知られている。正典とはされていないが、意外なことにピアソンは「ラブ&サンダー」でツアーガイドを演じるカメオ出演で、ダリル役を再演している。

アスガルド俳優達

映画では再びマット・デイモン、ルーク・ヘムズワース、サム・ニールが出演し、それぞれロキ、ソー、オーディン役として再登場しま。今回は、ヘラ役でメリッサ・マッカーシーが参加している。見逃しがちだが、カーテンコールではマッカーシーの実の夫であり、しばしば監督や共演をするベン・ファルコーネが登場する。

映画のヤギはコミックにインスパイアされている

映画では、オーディンソンが2匹のペットのヤギを贈られるシーンがある。北欧神話では、ソーの戦車はタングリスニとタングニョーストによって引っ張られる。マーベルは1976年にこのアイデアを採用し、ソーのヤギであるトゥースナッシャーとトゥースグラインダーを登場させた。このヤギは、現在ではMCUにも登場し、さらに叫ぶという習性を持っている。

犠牲者はコミックからそのまま登場

映画ではゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの犠牲者であるファリガーを紹介する際に、コミックから直接イメージを持ち込んでいる。このシーンはジェイソン・アーロンとエッサド・リビックによる「ソー:ゴッド・オブ・サンダー」#3から直接引用され、ファリガーの悲劇的な運命が描かれている。コーグの存在が唯一の変更点だが、このコマは実質的に大きなスクリーンで生き返ったようなもの。コミックでは、ファリガーは銀河系辺境の守護神として登場し、どうやら楽しみのためにブラックホールと格闘していたようだ。

ソーとジェーン・フォスターで別れた時期が違うと思う理由

ジェーン・フォスターとソーの気まずい再会では、別れてからの期間について2人の意見が分かれる。ジェーンは3、4年だと推測しているが、ソーはもっと正確に「8年7ヶ月と6日」と数えている。この意見の相違には理由がある。ジェーンはつまり、ジェーンは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で存在を消された人物の1人であり、元に戻るまでに5年間を失ったことになる。この台詞は映画をMCUのタイムラインに位置づける上で重要で、「マイティ・ソー バトルロイヤル」までに別れていたことから、本作は2024年か2025年が舞台であることが示唆されている。

ソーはニック・フューリーの番号を登録していた

フラッシュバックでは、ソーが地球にいた頃、S.H.E.L.D.のボスであるニック・フューリーをスピードダイヤルしていたことが判明しています。この時点でジェーンとソーの関係はぎくしゃくしていたようで、しかもフューリーはソーとジェーンが別れる数年前、2014年の「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」で地下に潜ったため、MCUのタイムラインのどこにこれが当てはまるか難しいところ。面白いことに、ソーはフューリーの姓をファーリーと間違って表記している。

俳優の子供たちが『ソー ラブ&サンダー』に登場

映画には、アスガルドの子供たちが登場する大きなサブプロットがある。タイカ・ワイティティは実際に、以下のようなスターたちの実の子供たちをこの映画に起用した。

クリス・ヘムズワースの息子トリスタンが若き日のソーを演じ、双子のサーシャがゴアに誘拐されたアスガルド人の1人を演じている。
ナタリー・ポートマンの子供アレフとアマラ・ミルピエも、誘拐されたアスガルド人の1人。
タイカ・ワイティティの子供たち、テ・カインガ・オ・テ・ヒネカフとマテワ・キリタプもそのシーンで登場。
クリスチャン・ベールの子供、エメリンとジョセフも出演している。
クリス・ヘムズワースの娘インディア・ローズは、映画の最後で復活し、ソーの養女となるゴアの娘、ラヴを演じている。

MCU初の狼男

ウェアウルフ(狼男)はMCUの一部となりつつあり、映画ではさりげなく最初のウェアウルフが登場し、自分がライカン(狼男は「ライカンスロウプ」)であることを明かした。また、「ミダシアン」も登場し、おそらく物を金に変える力を持つ種族にちなんだものだと思われる。奇妙なことに、コミックにはミダシアンと呼ばれる種族は存在しないが、「ドクター・フー」には存在する。

オーディンのカラスが名乗りを上げる

映画にはカラスに関する言及が複数あり、ヴァルキリーは「カラスのメールだったかもしれない会議」について不満を漏らし、ソーは自分のチームが「オーディンのカラスのスピードで移動する」と主張している。これは、これまでの「ソー」作品に登場したオーディンのカラス、ムニンとフーギンを意識したもの。コミックでは、カラスはオーディンが宇宙全体の出来事を観察することを可能にしている。

ソーのゴッド・スクワッドのチョイス

ソーはゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーに対抗するために、神々のドリームチームを結成することを想像している。彼はコミックに登場する重要な神々の名前をいくつか挙げている。

ゼウスの名を挙げるが、その後に大きな期待を裏切られた。ゼウスの息子ヘラクレスは、ポストクレジットシーンでMCUの公式デビューを果たしており、ブレット・ゴールドスタインが演じている。ムーンナイトに関連するエジプトの神、ラー。コミックでは、ラーは最初の神であり、アトゥムとして知られている。トゥマタウエンガはマオリの戦いの神で、コミックではハワイのクーという名で知られている。ケツァルコアトル、アステカの羽毛の蛇と天空の神で、コミックではソーと組んで宇宙の敵と戦っている。

オムニポテンス・シティ

ソーが向かったのは、偉大な神々が集うカウンシル・オブ・ゴッドヘッズ(神々の首脳会議)と呼ばれる場所、オムニポテンス・シティだ。カウンシル・オブ・ゴッドヘッズはコミックに何度も登場するが、その場所が明らかになったのは、ジェイソン・アーロンの作品からである。オムニポテンス・シティのMCUデザインは、エッサド・リビックによるオリジナルのデザインと密接に対応しており、「ソー:ゴッド・オブ・サンダー」#3のフォリガーの死が掲載された同じ号で見ることができる。ソーはカウンシル・オブ・ゴッドヘッズが彼のゴッド・スクワッドを招集することを望んでおり、コミックでは何度かこのアプローチがとられている。

神々が集うオムニポテンス・シティ

神話やMCUに登場するギリシャ・ローマのパンテオンの一員であるアルテミスとミネルバについてクレジットに記載されているが、オムニポテンス・シティの神々はほとんど話す役をもらっていない。サイモン・ラッセル・ビール演じるディオニュソスは、父ゼウスが次の乱交パーティーを企画するのを手伝っている。クレジットには、アステカの神、エルチェの神、マオリの女神、マヤの神、ジャデムライの神、そして死者の女神の名前もある。また、ワカンダの豹神バストの近くにヴァルキリーとジェーンが座っている。

ソーはロキをタトゥーで讃える

ゼウスはソーの服を弾き飛ばし、その光景に数人の女神が失神する。オーディンソンの背中には、ロキに敬意を表してタトゥーが施されている。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で死んだが、マルチバースに他のヴァリアントがいることを考えると、MCUでの役割はまだ終わっていない。

オムニポテンス・シティのセレスティアルズ

ビフレストに乗ってオムニポテンス・シティを脱出したソー、ヴァルキリー、ジェーンの3人。その際、街の周りを見張っているような2人のセレスティアルとすれ違う。映画では、セレスティアルズを単に宇宙神の一種として扱っている可能性があり、セレスティアルズがすべての生命の源であることを示唆したエターナルズを微妙に後退させている。オムニポテンス・シティの周りには他のセレスティアルズの像がいくつかあり、そのうちの1つが戦闘中に倒れる。

リビング・トライビューナルとウォッチャー

ソーとゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーの最後の戦いは、宇宙のまさに中心、エターニティ(永遠)を奉る神殿で行われる。この神社には、ウォッチャー(アニメ「ホワット・イフ…?」に登場)やリビング・トライビューナルなど、マーベルの最も強力な宇宙的存在が奉納された像がある。ほぼ全能の存在であるリビング・トライビューナルは、「ドクター・ストレンジ」第1作で示唆されており、モルドはリビング・トライビューナルの杖を振るっていた。また「ロキ』では彼に敬意を表した別の像がちらりと登場している。リビング・トライビューナルは「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に実際に登場し、スティーブン・ストレンジとアメリカ・チャベスがマルチバースを跳ね回りながら彼の前を爆走するシーンで瞬間的に見えた。

宇宙の化身エターニティ

ゴアの目標は、ビフレストを使ってすべてを体現しているエターニティに到達すること。映画におけるエターニティのデザインは、コミックから大きく脚色されているが、実際のところ、少し華やかさに欠けるものである。MCUのエターニティは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で予告されており、インフィニティ・ストーンズに捧げられた壁画に、他の宇宙の実態、特にデス、エントロピー、インフィニティと共に描かれていた。

ムジョルニアがジェーン・フォスターを誘惑する

ムジョルニアの力を使うたびに、ジェーンの化学療法の効果がなく癌が急速に進行していた。しかし、ムジョルニアはジェーン・フォスターを新しいソーとして選び、彼女が必要とされていることを正しく察知し、彼女が入院しているときでさえも彼女のそばにやってくる。このシーンは、ジェイソン・アーロンとラッセル・ドーターマンによる「マイティ・ソー」#704をオマージュしており、ほぼ同じような展開になっている。コミックでは、ジェーンはアスガルドがマンゴグによって破壊されようとしているのを察知し、自らを犠牲にして彼らを助けた。

ソウル・ワールドを再現

映画では、ヒーローたちは宇宙の外側にある領域でエターニティと対峙する。この領域は広大な空洞として表現され、その表面は水で覆われている。光は異なりますが、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でサノスが若いバージョンのガモーラと話したときのビジョンと明らかに一致している。視聴者は一般的に、これがコミックに登場するソウル・ストーンの中に含まれる存在次元であるソウル・ワールドを表していると考えていたが、このビジュアルの類似性はあまりにも印象的。サノスは、ガモーラの姿をした宇宙的な存在に話しかけていた可能性がある。

北欧の来世、ヴァルハラの紹介

映画のポストクレジットシーンでは、ジェーン・フォスターが北欧の死後の世界であるヴァルハラに入るにふさわしいと認められたことが明らかにされている。このアイデアは、ジェーンが死んでヴァルハラの門にたどり着いた「マイティ・ソー」#706からそのまま持ち出されたもの。コミックでは、彼女はオーディンの魔法によって死から救われたが、MCUではジェーンを救う人は誰もいない。とはいえ、これでジェーン・フォスターが終わりというわけでもないだろう。MCUでは死後の次元から復活できることをムーンナイトがすでに確認している。

created by Rinker
¥2,500 (2022/08/13 15:55:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/08/14 02:23:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す