ScreenRantより

公開中の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」ではマーベル・コミックスに関連した要素や参照が多く存在している。映画に登場した多くのイースターエッグについて紹介。

以下、公開中の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のネタバレが含まれますので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『クアントマニア』のマーベル・スタジオのイントロに『在り続ける者』が登場

「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のマーベル・スタジオのイントロに、MCUで初めて登場したカーンの変異体「在り続ける者」が登場している。征服者カーンは映画ですぐにスクリーンデビューを果たすが、ジョナサン・メジャースのMCUデビューはドラマ「ロキ」シーズン1のフィナーレで起こった。TVAとロキの背後には「在り続ける者」が存在し、他のカーンの変異体がどれほど危険な存在になり得るかをキャラクターが予告している。

ジャネット・ヴァン・ダインが量子世界について嘘をついていたことが『クアントマニア』で判明

「アントマン」と「アントマン&ワスプ」は、ジャネット・ヴァン・ダインの量子世界への失踪を扱った作品。オリジナルのワスプであるジャネット・ヴァン・ダインによると、2作目では量子世界には他に誰もいなかったという。しかし、「クアントマニア」では、ジャネットが嘘をついていたこと、そして量子世界には知覚を持つ生物からなる社会が存在することがすぐに明かされる。そのひとつが征服者カーンで、彼はジャネットと同じように量子世界に墜落した。

アントマンは今や有名人(MCUのフェーズ4で予告されたように)

ポール・ラッド演じるスコット・ラングは、MCUフェーズ4の実写作品には登場しなかったが、それでもアントマンは何度か言及されている。ホークアイのスティーブ・ロジャースのミュージカルには、意外にもアントマンがヒーローとして登場した。そしてドラマ「ミズ・マーベル」は、スコット・ラングが「アベンジャーズ/エンドゲーム」で世界を救った後、現在はポッドキャストを持っていることを明かした。また「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」のイースターエッグの中に、スコット・ラングの本が登場した。そして今回、「クアントマニア」はアントマンが本当にセレブであることを確認した。スコット・ラングは本「Look Out For The Little Guy」を書き、その中でアントマンが「エンドゲーム」でいかにみんなを救ったかを説明している。

スコット・ラング、サーティワンアイスクリームに戻る

「アントマン&ワスプ:クアントマニア」には「アントマン」のコールバックが多く、第1作の冒頭でスコットが一時的に働いていたB-Rサーティワンアイスクリームもそのひとつ。今回、スコットはアントマンとしてB-Rサーティワンアイスクリームのショップを訪れるセレブになっていたが、スコットが服役していたことが経営陣にバレてクビになったことを考えると不思議な話である。初代「アントマン」でスコットの上司デイルを演じたグレッグ・ターキントンが、カメオで戻ってきた。

『アントマン&ワスプ』&『ワンダヴィジョン』のジミー・ウーが登場

「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のキャストにはランドル・パークも参加しており、「アントマン&ワスプ」でデビューしたジミー・ウー役で戻ってきた。ウーは、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の事件後、スコット・ラングを監視する責任あるエージェントとして配属された。ランドール・パークは、モニカ・ランボーとダーシー・ルイスとともにウエストビューで起こっていることを解明する手助けをするためにドラマ「ワンダヴィジョン」でジミー・ウー役を再演した。ジミー・ウーは「クアントマニア」でスコット・ラングとランチをしているところに登場する。

キャッシー・ラングの『クアントマニア』での最初のシーンは『アントマン』のコールバック

ポール・ラッド演じるスコット・ラングが「アントマン」第1作で登場したのは、まだ刑務所にいて、出所する準備ができている状態だった。さて、「アントマン&ザ・ワスプ:クアントマニア」でのキャシー・ラングの初登場シーンも、同じような展開になる。キャシーはブリップで家を失った人々を助けようとして逮捕され、スコットとホープは必ずしも怒ってはいなかったものの、キャシーの保釈をしなければならなくなった。このように、キャッシー・ラングの「クアントマニア」の旅は、スコットの物語を映し出すように始まった。

アントマンのイエロージャケットとの戦いを回想するキャシー

「アントマン」には、これまでで最もユニークなMCUの第3幕の戦いがあり、キャシー・ラングは「アントマン&ザ・ワスプ:クアントマニア」の冒頭でそれを回想している。スコットがキャシーに普通の生活をしてほしいと話すと、キャシーは6歳の時にイエロージャケットに殺されそうになったことを指摘。「アントマン」のコールバックであることに加え、キャシー・ラングが「蜂男」を思い出すのは、「アントマン&ザ・ワスプ:クアントマニア」でダレン・クロスがM.O.D.O.K.として復帰するための設定だった。

スコット・ラング『キャプテン・アメリカと戦った』

スコット・ラングは、キャプテン・アメリカと戦ったわけではなく、一緒に戦ったことを指摘している。これは「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で起こったことで、ラングによると、誰もキャプテン・アメリカと戦いたくはないだろうとのこと。

『アントマン』のポスターがリュックサックに

映画の冒頭でアントマンファンがアントマンのバックパックを持って登場する。リュックに使われているアントマンのアートは、映画「アントマン」のプロモーション用に使われているものと同じもの。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、トニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jr.の絵を使って似たようなことをやっていた。

アントマンは『エンドゲーム』でハルクが作った赤ちゃんスコット・ラングを回想

スコット・ラングが映画の冒頭でキャシーを家に連れてくるときに車の中で聴いている本「Look Out For The Little Guy」は、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の難しいタイムトラベルの技術テストについて言及している。スコットは、トニー・スタークの助けを借りずにタイムマシンを作ろうとした結果、ハルクに赤ちゃんにされたことを思い出す。スコットは自分が「ハルクの赤ん坊」だったのか、自問自答する。

カーンがソー(と他のアベンジャーズ)を殺したと自慢

マルチバースには複数のカーンが存在するが、征服者カーンは複数のタイムラインでアベンジャーズと戦っているようだ。カーンはスコットがアベンジャーズであることを知り、スコットに対して以前にもスコットを殺したことがあるかと尋ねる。また、カーンは「ハンマーを持つ者」を殺したと指摘し、征服者カーンがソーの変異体を殺したことを示唆している。

ビル・マーレイ演じるクライラーは、マーベルの隠れた名キャラクター

「クアントマニア」では、ビル・マーレイがクライラーを演じている。ジャネット・ヴァン・ダインの量子世界からの友人の一人であるクライラーは、オリジナルのワスプがカンから量子世界を守るのを助けた自由の戦士だった。コミックでは、クライラーはマイクロバースのカイに住んでいたが、キャラクター自身はあまり重要ではなく、すぐに死んでしまった。

『アントマン』のデヴィッド・ダストマルチャンがまったく別のキャラクターとして再登場

「アントマン」と「アントマン&ワスプ」でカートを演じたデヴィッド・ダストマルチャンが、「クアントマニア」で全く別のキャラクターとして戻ってきた。ダストマルチャンが声を担当したのは、スコットとキャシーが量子世界に入った直後に出会った「穴のない生物」ヴェブ。「クアントマニア」でM.O.D.O.K.を演じながらも、「アントマン」のダレン・クロスであるコリー・ストールとは異なり、ダストマルチャンのヴェブは「アントマン」のカートとは何の関係もないのである。

アントマンのイエロージャケットが『クアントマニア』で復活・・・M.O.D.O.K.として登場

「クアントマニア」では、MCUのM.O.D.O.K.が登場するが、ひねりが加えられている。マーベル・コミックのA.I.Mのトップであるジョージ・タールトンの代わりに、MCUでM.O.D.O.K.になるのは「アントマン」のダレン・クロスだ。イエロージャケットはアントマンとの戦いの後、生存していなかったと示唆する一方で、「クアントマニア」はダレン・クロスが生存し、量子世界へ送られたことを明らかにした。ダレン・クロスの体は不均等に縮み、征服者カーンの助けを借りて、殺戮のためだけに設計された機械化生物M.O.D.O.Kが生み出された。

アントマンの泥棒の過去が、『クアントマニア』のカーン計画の鍵に

征服者カーンはアントマンに何かを盗んでもらう必要があった。そのため、犯罪の人生を捨ててから数年後、スコット・ラングは再び強盗を行行わなければならない。スコット・ラングがアントマンになるまでの道のりは、ハンク・ピムの家で強盗をすることから始まり、今度はアントマンが征服者カーンの船の多次元エンジンを回収しなければならないことで一巡した。ある意味、アントマン映画はすべて、少なくとも1つの高価な強盗を特集している。

『ロキ』の『変異体』用語が『クアントマニア』で使用される

ドラマ「ロキ」は、あるキャラクターのマルチバースバージョン、つまり多元宇宙にわたるドッペルゲンガーを表すMCU用語「変異体」を導入した。しかし、MCUのフェーズ4では、「ロキ」シーズン1の出来事に続いて多元宇宙に飛び込んだものの、「変異体」という言葉はまだMCU映画で使われていなかった。現在、ジョナサン・メジャースが演じる征服者カーンは、多元宇宙に存在する自分自身の別バージョンを指すときに、「変異体」という言葉を明確に使っている。

MCUのマルチバースデザインが『クアントマニア』で復活

MCUは「ロキ」シーズン1エピソード1から、マルチバースの視覚化を一貫して行っている。「ロキ」でマルチバースを説明するために使われた同じスタイルのイラストが、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で再び登場し、今度は「クアントマニア」で復活した。カーンはジャネット・ヴァン・ダインに時間の流れとMCUのマルチバース内に存在する無限のタイムラインを示すが、これは「ロキ」と「ノー・ウェイ・ホーム」で見られたセリフに非常によく似ている。

征服者カーンの椅子と船は『クアントマニア』の物語の中心的存在

征服者カーンの船は彼の技術のほとんどを保管しているもので、コミックではこのキャラクターの神話の重要な部分となっている。征服者カーンの船は、カーンがマーベル・コミックでデビューした2作品に登場。1つは「ファンタスティック・フォー」#19でラマ・タトとして、もう1つは「アベンジャーズ」#8でカーンとして登場。コミックと同じように、カーンは椅子と船を使ってすぐに家に帰ることはできなかったが、「クアントマニア」ではジャネット・ヴァン・ダインによって壊されるのではなく、損なわれていたという違いがある。

征服者カーンがインカージョンについて言及

インカージョンとは、2つ以上の宇宙が互いに衝突し、破壊に至る致命的なマルチバースイベントで、「クアントマニア」では征服者カーンがその名を挙げている。カーンは、量子世界から出ないとどれだけ危険かを説明し、カオスが起こり、インカージョンが起こることに言及している。「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」では、インカージョンが新たな脅威として登場し、2015年のコミック「シークレット・ウォーズ」では重要なプロット要素となっている。

キャシー・ラングのジャイアントウーマンへの変身は『シビル・ウォー』の参照

「クアントマニア」の最後の戦いで、キャシー・ラングが巨大化する。コミックではキャシーは「巨大化能力」を持っており、そこから「ジャイアントウーマン」というスーパーヒーローの異名を持っているが、「クアントマニア」でのキャシーの巨大化は、「シビル・ウォー」のコールバックにもなる。「シビル・ウォー」でのアントマンと同様に、キャシーは通常のサイズに戻った後、柑橘系のフルーツを欲しがっていた。

キャッシー・ラングのスーパーヒーローとしての未来は『クアントマニア』で予告されている

「クアントマニア」でマーベルのスーパーヒーローになったキャシー・ラング。しかし、彼女は正式なスーパーヒーローの名前を与えられておらず、ピム粒子とアントマンスーツを使い続けることも明確にはしていない。しかし、ハンク・ピムとホープ・ヴァン・ダインからピム粒子の使い方を教わり、量子世界での経験を経て、キャッシー・ラングはMCUでスタチューとして戻ってくる可能性が高い。

イモータス、ラマ・タト、その他のカンのバリエーションが『カーン評議会』に登場

「クアントマニア」の最初のポスト・クレジット・シーンで、「アベンジャーズ」#292を完璧に再現した場面で「カーン評議会」が登場。コミックでは、カーン評議会は、カーン・プライムを中心に複数のマルチバースバージョンのナサニエル・リチャーズが集まったもの。コミックと同様に、MCUのカーン評議会は多元宇宙から集まった複数のカーンの変異体が集まる場である。クレジットシーンでは、コミックに登場する少なくとも2種類の主要なカーンの変異体、イモータスとラマ・タトが明確になっている。

ビクター・タイムリー

コミックでは20世紀初頭に政治家や発明家として生きていたカーンの変異体、ビクター・タイムリーが、「クアントマニア」の2つ目のクレジットシーンに登場する。ここで重要なのは、コミックではビクター・タイムリーはカーン・プライム、つまり実際の征服者カーンがタイムスリップして20世紀初頭の人間になりすましたもの。MCUのビクター・タイムリーが、変装した征服者カーンになるのか、それとも全く別のカンの変異体になるのかは不明。

ロキとメビウスがクレジットシーンで再登場

ドラマ「ロキ」シーズン1でおなじみのTVAコンビ、ロキとメビウスが「クアントマニア」でMCUに再登場。ロキとメビウスは、観客席でビクター・タイムリーの話を聞いていた。「ロキ」シーズン1でカーンの変異体がTVAを乗っ取るところで終わったことを考えると、ロキとメビウスが征服者カーンのことを既にどれだけ知っているかは明らかではないが、ビクター・タイムリーの話を聞いてとても怖がり心配するのは理にかなっている。

『アベンジャーズ』次回作を予告

「クアントマニア」で征服者カーンとその変異体の物語が紹介されるという事実だけでも、「アベンジャーズ:カーン・ダイナスティ」の十分大きな設定だが、「クアントマニア」のイースターエッグ、特にインカージョンはこの映画を直接「アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ」とリンクさせている。カーンは、カーンの王朝を解き放とうとしていることに言及するが、これは近日公開のアベンジャーズ映画「アベンジャーズ:カーン・ダイナスティ」に直接言及するもの。「カーン・ダイナスティ」は、2001年のコミックストーリーでカーンを中心としたもの。

created by Rinker
イン・ロック
¥1,397 (2024/02/22 08:40:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す