Newsaramaより

ダイナマイト・エンターテインメントが、サンダーキャッツとスペースゴーストに続く、クラシック漫画のコミックスリバイバルとして発表するジョニー・クエスト。スペースゴースト同様、ジョニー・クエストはハンナ・バーベラの愛されるアクション作品を新たな現代のコミックブックとして蘇らせます。

執筆は、ライターのジョー・ケイシーが担当。新進気鋭のアーティスト、セバスティアン・ピリスとタッグを組み、ケイシーいわく、ファンの間で人気のクエスト一族に新たな息吹を吹き込む、オリジナルアニメに登場するクラシックなコンセプト、悪役、サポートキャラクターを掘り下げる冒険を描きます。

ニュースラマはケイシーに、8月14日に発売されるジョニー・クエスト#1のリリースに先立ちインタビューを行い、新しいストーリーでファンが期待できる内容や、ダイナマイトの無料コミックブックデー2024アンソロジーで設定されたクリフハンガーの行方を探りました。ジョニー・クエスト#1のいくつかの内部ページも入手しました。

ニュースラマ:ジョー、私は何年もあなたの作品を愛読していますが、あなたはノスタルジーに左右されずに、クラシックな物語やキャラクターを抱擁する方法を知っていると思います。この新しいジョニー・クエストコミックは、そのアイデアにどのように関わっていますか?

ジョー・ケイシー:褒めていただきありがとうございます。私は、キャラクターに忠実であり、何年も読み(または視聴)している人にとっても認識できるようにすること、そして、それまで考えられていなかったキャラクターの新たな一面を探求することの組み合わせを常に試みているだけだと思います。

それはノスタルジーのためだけではありません。ジョニー・クエストの場合、これらのキャラクターは時間の経過に左右されない、典型的な立場に立っています。彼らの関係は依然としてドラマチックに効果的で、彼らの使命は依然として真の意義を持っているので、それらに寄り添うことは、比較的簡単です。

ジョニー・クエストは、あなたが求めていたキャラクターでしたか?このキャラクターとアニメとの歴史を教えてください。



created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)