Newsaramaより

スカイバウンド・エンターテイメントは、約1年間にわたる『エナージョンユニバース』シリーズの公開を経て、ついに『G.I.ジョー』シリーズの開始を発表しました。

シリーズは、これまでに『G.I.ジョー』の限られたシリーズを執筆し、本作の道筋を固めてきたジョシュア・ウィリアムソンが執筆します。アートチームは、ウィリアムソンの『デューク』シリーズから、トム・ライリー(作画)、ジョルディ・ベレール(彩色)が担当します。

スカイバウンドは本作が「G.I.ジョーとコブラの全く新しい大胆なビジョンを提示する」と約束しており、両組織のリーダーがそれぞれの組織の新しいバージョンを編成するところから、同社の『デューク』、『コブラ・コマンダー』シリーズの続きが描かれる模様です。

スカイバウンドの『G.I.ジョー』シリーズの公式な説明文は次の通りです。「コードネームデュークのコンラッド・ハウザーは、オートボットとデストロンが地球に到着した後、謎のコブラの勢力拡大に対抗するため、G.I.ジョーとして知られる特殊部隊を編成した。しかし、謎のコブラ・コマンダーはかつてないエナージョンの力を解き放った!」

「新キャラクターのファースト・アピアランスや、お馴染みの顔がたくさん登場します。これは、G.I.ジョーについての認識を覆すことになるコミックです…そして、それですべてのサプライズが明らかになるわけではありません!」

ウィリアムソンは最近、DCタイトルの『グリーンアロー』と『バットマン&ロビン』の降板を発表し、他のプロジェクト(おそらく本作を含む)に取り組む中でバーンアウトを避けたいと述べました。

ウィリアムソンは発表に添えた声明で、「ついにチームが揃った!この作品に繋がるミニシリーズの反響は驚異的で、このアイコニックなシリーズの長年のファンと新しい読者が集い、エナージョンユニバースにおけるG.I.ジョーを応援しているのを見るのは胸が高鳴る思いです」と語っています。

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,850 (2024/07/21 14:46:10時点 Amazon調べ-詳細)