アクセル-イン-チャージ:真面目な話の「ハワード・ザ・ダック」について話す!

アクセル-イン-チャージ:真面目な話の「ハワード・ザ・ダック」について話す!

2014年12月7日 0

 

CBR サイトより
2014-12-06_150551

毎週金曜日はアクセルの定期的なインタビュー。
彼はライターのチップ・ゼダースカイとアーティストのジョー・クイノンズからの新しい「ハワード・ザ・ダック」シリーズがどのようにアベンジャーズのスケールを持つか話す。

CBR:
「新しい『ハワード・ザ・ダック』シリーズがあることは注目に値します。そして、私がそれがユーモラスであると確信する間、それは真面目にされる。それは冗談として扱われていません。」

アクセル・アロンソ:
「確かに『ハワード・ザ・ダック』はユーモラスだ。マーベル・スタジオの「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」も同じくユーモラスだった。
それは『アベンジャーズ』のスケールを持つが、『アベンジャーズ』と同じかゆみをひっかくのは見ない。
『デッドプール』または『ロケット・ラクーン』と同じようにより多くのものとなる。
それは多くの笑いとたくさんのカメオによる大小様々な大きな冒険でありそうだ。
そして、何人かの大小さまざまなゲスト出演をする。」

全文はこちら