マイケル・デ・ルーカは映画「シニスター・シックス」にヴェノムかカーネイジを導入したい!

 

CBM サイトより
2014-12-12_225120

「ソニーハック」はソニーのスパイダーマン・フランチャイズに関してたまらない舞台裏の情報を生じし続ける。
オンラインで漏れる最新の電子メールにスパイダーマン映画の製作者マット・トルマック、ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント・チーム、エイミー・パスカルとコロンビア映画製作者マイケル・デ・ルーカが関係している。
その中でパルカルはトルマックがヴェノムをスパイダーマン・フランチャイズに導入したいと思うが、人物が1人で映画を支えることができたと思わないことをデ・ルーカに知らせる。
彼は映画シニスター・シックスの中にヴェノムを導入したい。
そして、その映画はさらにより大きい脅威を書きとめるためにシニスター・シックスと協力しているスパイディを主演させる。
誰がシニスター・シックより危険でありえたのか?
トルマックはメインヴィランにカーネイジかヴェノムであって欲しい。
それが後者ならばスパイダーマンは映画で彼のブラック・スーツを着ることになる。
それを取り扱うことができないとき彼はそれを取り除く。
そして、もちろん捨てられたスーツがに合うのは・・・ヴェノム!
ところで、スパイダーマンのキャプテン・アメリカ:シビル・ウォーでのカメオ出演を製作することに、取引が同意されるならば、デ・ルーカはそのマーベルが真新しいスパイダーマンを紹介すると報告する。
デ・ルーカはカメオ出演に熱心なようだ。
マーベルとの取引は、我々は今それがそうしなかったこと知っている。そして、デ・ルーカは同様にその厳しい可能性について述べた。
懸命にもデ・ルーカはもう一つのスパイダーマンのリブートを提案した。しかし、今度はスパイディの起源またはアメイジング・スパイダーマンのような両親での多くの時間を過ごさない。
デ・ルーカはヴェノム、カーネイジ、ホブゴブリンがリブートへの素晴らしい追加であると思う。
彼は特にそれが好きで、彼のエイリアンスーツのシンビオートから作られないアルティメット・ヴェノムが好きだ。

アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-08-22


ウルトラバリュー スパイダーマン ブルーレイセット [Blu-ray]
トビー・マグワイア
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2013-12-20


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です