マーベル75:2001年9月11日

マーベル75:2001年9月11日

2014年12月14日 0

 

MARVEL.com サイトより
2014-12-14_160602

2001年9月11日の東部標準時午前8時46分で飛行機はニューヨークシティの世界貿易センタービル、ノースタワー1に衝突した。
2時間未満後に、もう一つの飛行機はソースタワー2にぶつかった。もう一つはペンタゴンに衝突し、最後の飛行機はペンシルバニア・フィールドで終わった。
真珠湾以来初めてアメリカ合衆国はアメリカ国内に対する外国の攻撃の犠牲となった。
2977人の犠牲者の命を奪い、6000人以上が傷を負った。そして、国際社会に衝撃を与え、アメリカの景色を文字通り傷を刻んだ。
60年以上の間、マーベル・コミックスの通りとビッグ・アップル自治区で世界を接地するだけでなく、まさしくそのオフィスはワールド・トレード・コンプレックスからおよそ3.5マイル離れているところに立っていた。
これに加えてエディター、ライター、アーティスト、コミックファンを作った他のスタッフの多くは徹底的に都市と周囲の地域を楽しんだ。
したがって、マーベルと従業員にとってその日の混乱はテレビの画面の上でのことではなかった。それが彼らの窓の外で正に起こった。
すべてのアメリカ人のように何ヶ月か続いた後、マーベルは命を助けるためのどんな方法でも探した。
エンターテイメントと喜びにそれほど多くの時代を持ってきたキャラクターの方を向き、マーベルは攻撃に対するヒーローの実生活と後に続いた週を守り、その読者に望みを持ってくるため彼らを利用した。

全文はこちら

キャプテン・アメリカ:ニューディール (MARVEL)
ジョン・ネイ・リーバー
ヴィレッジブックス
2011-09-28