「ソニーハック」:シニスター・シックスのための脚本が完了した!

 

CBM サイトより
2014-12-17_140210

ビジネス・インサイダーは「シニスター・シックス」を離れたソニーのスパイダーマンのための脚本は12月8日に服従をすることになっていた電子メールを発見した。もしもすべてが予定通りにそうであったら、スクリプトは1週間未満前に提出された。
ソニーの公開予定のリストが電子メールでも発見された。そして、「シニスター・シックス」は2016年に出る予定だ。そして、もう一つの映画はちょうど2017年に出る予定の「スパイダーマン」を称号で呼んだ。2017年のスパイダーマン映画が何についてであるかは不明だ。
脚本を持つことは映画が点火されたことを意味しない。
まだ脚本を生産させることは社内でスパイダーマンに対する創造的な影響力を保つために映画を取り出すために、自暴自棄の状態に陥っているソニーを示す。
この映画が起こるならばそれはマーク・ウェブの映画に続くか?
前のレポートではソニーのジェフ・ロビノフにはもう一つのソニーの再起動のために他のディレクターのリストであるとしていた。
スパイダーマンフランチャイズはどこに向かうのか?

アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2014-08-22


ウルトラバリュー スパイダーマン ブルーレイセット [Blu-ray]
トビー・マグワイア
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2013-12-20


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です