ソニーが将来のスパイダーマン映画で働かせることができないキャラクターに「スパイダーハム」が!

 

CBM サイトより
2014-12-17_172646

ビジネス・インサイダーはハッカーによって週末オンラインで発表されたコミックからスパイダーマンコーナーから何百人もの人物に関する権利についてソニーとマーベルの間での交渉を明らかにしている。
うまくいけばそれらのファンがある日マーベル・シネマティック・ユニバースの一部として見ることを望むかもしれないが、サイトは数ポイントの全リストの面はリストに載っているよりユーモラスなキャラクターの多くを優先した。
サンタクロース・ブロガーは80年代のコミックで1回の出演をした「ディスピューテッド・キャラクター・リスト」の2011年の文書にいた。
バグマン、アメイジング・バグマン、ボンバスティック・バグマン(紙袋を頭にかぶってファンタスティック・フォーのコスチュームを着たスパイダーマン)が「凍結」され、誰にも用いることが表面上できない事を意味する。
他にはエグザンドゥ・ザ・アンスピーカブル、ストリート・ストーカー、ブラック・アボット(ソニーが「我々は好きではない」)、エージェント003、マザー・インフェリナー、サンダー・コックローチ等がいる。
しかし、おそらく大部分の人の興味を起させることはピーター・ポーカー、別名スパイダーハムであると思う。
サイトによると「マーベルはキャラクターが凍結したことを2011年ソニーに知らせた。」



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です