記念すべきキャロル・ダンバースの100回目のソロ巻に関してデコニックのインタビュー!

 

CBR サイトより
2014-12-18_165929

「キャプテン・マーベル #10」でキャロル・ダンバースのソロシリーズ100回目の出演を祝って、ケリー・スー・デコニックとその巻について話した。

CBR:
「ケリー・スー、私は『キャプテン・マーベル #9』について話すことから始めたいです。それはミュータントのロックスター、ライラ・チェイニーがゲスト出演しているユニークで楽しいロックオペラ・スタイルのものでした。
どのように、この巻は起こりましたか?
何がそれを示唆しましたか?」

ケリー・スー・デコニック:
「デイビットか巨大なX-MENファンだ。彼は『キャプテン・マーベル』を提供されたX-ブックを描くのを期待していた。それで彼はそれに載せられなければならなかった。
それは大きかった。そして、我々は一緒に働くのが本当に好きだった。しかし、彼はX-MENキャラクターに対する本当の好みを持つ。
私はアーティストに幸せにして欲しい!(笑い)
それで、私は彼が誰に絵を描いて、私がその仕事を作ることができるかどうか見て欲しいか彼らに尋ねた。
彼はライラ・チェイニーを要請した。
私は『わぁ!私が何をすることができるか見せて欲しい』のように言った。」

全文はこちら



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です