特ダネ:マーベル/ソニーに関する詳細!直接的なソロ映画と共にシビル・ウォー参戦か!?

  

CBM サイトより
2014-12-20_152157

我々は「ソニーハック」から漏えいした文書のいくつかを知って、彼らのスパイダーマンの将来の関係でマーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの間で議論されていた取引に関するより多くの詳細を提供する。
それはこの一部が我々がそれらのはっきりない外国のサイトのいくつかから聞いたものを否定し、確かめる点に注意して見る価値がある。

スパイダーマンがキャプテン・アメリカ:シビル・ウォーで現れるならばソソニーは映画の25%に共同融資をする。
それからマーベルは2017年7月に公開される予定となるスパイダーマンの次のソロ映画の25%に共同融資する。
取引はソニーがTWOの主要なキャラクターを働かせてシビル・ウォーからそれがスパイダーマンに馴染む方法まで計画を続けるのを許す。
スパイダーマンは2018年のアベンジャーズ:インフィニティ・ウォー パート1でも現れ、2019年7月にスパイダーマンのもう一つのマーベルでの映画を作成する。

ソニーは特にスパイダーマンを必要としている役だけの著名することを言われた俳優を要求し、コスチューム、脚本について承認を求めた。
文書のこの部分で言い表せられる方法はそれをとても他より多くの支配をしている1つのスタジオよりもむしろ共同のように聞こえさえする。
しかし、彼らはケビン・フェイジが製作者として勤めなければならないと指摘し、何かの理由で彼がマーベルを去るならば、彼らは彼の公認を選んでもいいだろう。
彼らもアヴィ・アラッドとマット・トルマックがエグゼクティブ・プロデューサーを与えられることを望んで、ドルー・ゴダードが最初の映画を書いて、そsれを支持することが予め同意されると述べる。

ビジネス側でスパイダーマンがそうであるマーベル映画のいずれかが彼らの公開日を失敗に含むならば、ソニーは1億ドルの損害賠償を支払われるだろう。そして、取引は終了される。
ソニーも「D・マシン」が彼らのテレビ・チャンネル、ラジオ・ネットワーク、テーマパークとより多くの関係でスパイダーマンのソロ映画のためにアクセスできなければならないことを確実とするために、マーベルの援助を求めた。
取引は進行中の両方のスタジオによって相互に同意された日付にプレス・イベントで発表される。

我々はアメイジング・スパイダーマン2がわずか6500万ドルの諸経費を以前に稼いで、彼らの所得がマーベルとの取引をした後にかなり増加すると思っていることを示す文書も見た。
これらは内部の文書で、取引が論じられるように多くがどのように変わるか明らかではない。
しかし、これは提案としてよりもむしろ議論のとまとめられたように見える。
我々は会談が壊れたともちろん聞いた。
しかし、理由の関係がはっきりしたものがなく、色々なアウトレットがこれから起こりそうであるとその後報告した。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です