それは続かなかった?今だ未解決の手に汗握るマーベルの10の展開!

 

NEWSarama サイトより
2015-01-08_145616

今週のアメイジング・スパイダーマン #12の最後のページで手に汗握る展開を結んだ。あなたは興味を持つだろうが我々はここでそれを損なわない・・・。あれは来月に解決されそうだ。
いくつかが長い間、色々な理由で未解決で決して本当に解決されなかった。そしていくつかは一斉に無視された。我々はマーベルの今だ未解決にされ、長き時間の後に調査された10のものを示す。

10.シルバー・サーファー #18
特に「野蛮な」シルバー・サーファーが狂って、悪くて、自分自身が全人類の敵であると宣言しキャラクターのための新たな方向をもたらした時、マーベルはぞくぞくさせなければならなかったものだった。しかし、タイトルはこの後キャンセルされた。

9.アメイジング・アドベンチャーズ #16
公式にはアメイジング・アドベンチャーズ #16はシリーズの終了はなかった。しかし、ライターのスティーブ・エングルハートはハンク・マッコイ、ビーストの出演をし、不可解な方向で元ガールフレンドのウェラの兄弟を助ける任務があった。エングルハートは彼のペースでキャンセルされ、2つの異なる計画のシリーズへ動かした。

8.オメガ・ザ・アンノウン#10
スティーブ・ガーバーとメアリー・スキーンはオメガがキャンセルされるならば、彼らがいきなり飛びださせたいということを知っている。特にシリーズがずっとほのめかしていた秘密のどれもが現わせる機会がある前に、巻は最後のページで銃の爆発音はタイトルキャラクターを殺した。

7.マシンマン #9
ジャック・カービーのマシンマンがキャンセルされた時それは復活する。1年後にアーロン・スタークが新たな創造的なチームと共に、彼の後を追うことに最後の9巻を費やしたUS・ミリタリーに耐えた。本はキャンセルされ、インクレディブル・ハルク #235 – 237で再び現れた時、より感情的に制御されたバージョンと再起動で苦しんだ。

6.ノヴァ #25
あなたはシリーズの最終巻が結論に似ている何かを持ってくると想像するかもしれない。惑星ザンダーをスクラルの侵入から守る準備をして終わる・・・それが実はその月のファンタスティック・フォーで起こる。

5.スパイダーウーマン #50
あなたはスパイダーウーマンの最終号が全くうまくすべてを実際に包むと主張することができた。ちょうど6ヶ月後アースズ マイティスト・ヒーローズのタイトルの#238でキャラクターをマーベルユニバースに再統合するためにシリーズのクライマックスを元に戻して、新たな筋書きを開始した。

4.ダズラー #42
計画が途中で変わる時、起こることの例として彼女の存在にアリソン・ブライアーの単独のシリーズの最後の最後の巻ではX-Factorの位置に彼女が結局とらなかった立場をビーストによって提供された。チームの第5代メンバーとして彼女を持つ最初の舞台裏の計画が変わることになり、より冷静な指導者は代わりの役を満たすためにジーン・グレイを復活させることに決めた。

3.ザ・シング #36
ベン・グリムは必ずしも調子が良い彼の最初のソロシリーズではなかった。巻の終わりのページによって彼が明らかにどれくらいすごくなっていたか強調するためにウェスト・コースト・アベンジャーズに立ち寄るが、結局モンスターアイランドに彼を打ちかえす計画に変異させ始めた。

2.パワーマン・アンド・アイアンフィスト #125
パワーマンとアイアンフィストの最終号はダニー・ランドの仮死を見せるだけではなかった。しかし、実はルーク・ケイジが彼の殺人に適合して、彼の名前を消去するために逃走中になって終わる。また、ロジャー・スターンはアベンジャーズでこの計画の詳しく調べることを望んだ。しかし、6年間ほとんど未解決のままにされた。

1.X-FACTOR #149
X-FACTORの最初の進攻が結ぶ頃、アレックス・サマーズは見た目では死んで終わりマーベル・ユニバースで死んだと思われた。マーベル・ユニバースに帰ってくるまでにシリーズの32の巻と3冊のアニュアルがあった。


Power Man and Iron Fist
Fred Van Lente
Marvel
2011-11-23


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です