ケビン・フェイジとポール・ラッドは最初の脚本を書いたエドガー・ライトについて話す!

 

CBM サイトより
2015-01-09_170452

みんなが既に知っているようにエドガー・ライトは創造的な違いのためにマーベルから離れた。ライターとディレクターはよりよく映画をマーベル・シネマティック・ユニバースに融和させることを助けるために、リライトを経て彼の脚本版で紹介された。
ケビン・フェイグはこれについてエンターテイメント・ウィークリーに尋ねられた時答えた。
「脚本が受けなければならない指示に関して意見の相違があったのは本当だ。すべては公明正大だ。すべては皆の知識でされた。感覚的には『我々はこの方向に行っている。あなたはこの方向にいる。多分我々が友人として終わることが最高だろう』だった。」
ポール・ラッドは「マーベルが(最初の修正される脚本が)良くないということは知っていた。彼らはちょうどそれが彼らが望んだ方向にあるということを知っていた。
それの骨は本当にエドガーとジョーである。それはめまぐるしい変化だった。しかし、私は現在非常に興奮している。」



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です