アクシス後の「ロキ:エージェント・オブ・アスガード」についてアル・ユーイングのインタビュー!

 

CBR サイトより
2015-01-13_135651

アル・ユーイングの「ロキ:エージェント・オブ・アスガード」は新たなシリーズがキックオフした時、彼はアスガードの統治者のためのスパイの働きをすることによって新たなアイデンティティを創り出そうとすることに集中した。現在持ち上げられる「アクシス」のインベーションの期間でロキは彼がもはや罪から逃れることができないと理解した。ユーイングはロキが新しい女性のソーと不意に出会うかもしれない時、「エージェント・オブ・アスガード」のために前途に立ちはだかる暗い時代を我々に話した。

CBR:
「我々が話した最後の時、あなたは『ロキ:エージェント・オブ・アスガード』が暗くなりそうだとほのめかした。現在、アクシスによってその暗黒の時間は来たようだ。ソーは彼の逆にされた時間を覚えているように見えない。しかし、彼が逆にされる間、ロキはムジョルニアはを用いたのを覚えていますか?どのように彼は#10に行く予定になっていると感じますか?」

アル・ユーイング:
「記録については暗黒の時間さえ始まらなかった。彼らが良い方に向かう前にものは多く非常に悪くなりそうだ。ロキに関しては、はい、インベーション期間の特定の影響が刺さり、彼はすべてを覚えている。そして#10に入り、彼はかなり気をとがめている。彼は非常に不快な友人を扱った。彼は再びベレティに謝罪しなければならない。そして彼女は何度も彼の『ごめん』を受け入れそうだ。ほとんどロキの誤りでそれは再び、ローレライとシグルドはひどいオーディンの罰で罠にかけられる。そして、エンチャントレスがしばらく彼女の姉妹のもとを去っている時から、より緊急なビジネスで逸脱しないならば、彼らを救い出すのはロキだ。」

全文はこちら

Loki: Agent of Asgard
Al Ewing
Panini Books
2014-08-20


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です