「ウルヴァリンズ」を手掛ける新顔レイ・フォークスのインタビュー!

 

CBR サイトより
2015-01-15_002905

マーベルの新顔レイ・フォークスは「デス・オブ・ウルヴァリン:ローガン・レガシー」のダケン回の脚本を書いた。現在ウィークリーの「ウルヴァリンズ」をチャールズ・スーレと並んで設計している。レイ・フォークスはX-ポジションで初めて我々に加わってサイホンとのX-23の将来の対決とセイバートゥースの致命的なセットについて話す。

CBR:
「最初に今週あなたは『ウルヴァリンズ』でストーリーをフォーマット化している方法についての質問があります。
『ウルヴァリンズ』は毎週のコミックスシリーズです。それがより伝統的なコミックに続いて、別々のアークに分けられることが1つの大きいストーリーまたは意志で、それは『バットマン・エターナル』と一致していそうですか?

レイ・フォークス:
「いくつかのことなったアーク、より小さいストーリーが最初から最後までコミックをとる1つの大きな、すべてに関わるストーリーを作るために結びつくものが『ウルヴァリンズ』の中にある。私はそれほど与えたくないが、これら全員が役割を果たす計画があり、彼らのほとんどは何が最初に起きているか理解していない・・・。」

全文はこちら



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です