今週発売した「スターウォーズ #1」についてジェイソン・アーロンのインタビュー!

今週発売した「スターウォーズ #1」についてジェイソン・アーロンのインタビュー!

2015年1月16日 0

 

CBR サイトより
2015-01-15_230307

ジェイソン・アーロンは「スター・ウォーズ」がキエロン・ギレンによって書かれ、サルバドル・ラロカで例示される「ダース・ヴェイダー」にどのように関わり、積極的に取り組むかについて説明した。

CBR:
「ダース・ヴェイダーは最初の巻の終わりのページでデビューします。どれくらい密接にあなたのシリーズはキエロン・ギレンとサルバドル・ラロカのダース・ヴェイダーに結び付きますか?」

ジェイソン・アーロン:
「それは変わる。確かにここで始まり、2つの間の多くの明らかな接続がある。『ダース・ヴェイダー #1』を読んだら、あなたは『スターウォーズ #1』への多くの繋がりを発見し、我々は少し行ったり来たりし続ける。それからコミックは結局彼らが一緒に戻ってくる前に、彼は自身のものをしばらく送る小さい部分の試みのために分岐する。我々はあなたが同じ宇宙と時間の2つのストーリーのコミックを呼んで、異なる側を得ているように感じて欲しい。ヴェイダーはまだ主なヴィランとして私のコミックで現れる。そして、あなたは反乱軍のしているものから逆の面である帝国軍で起こっているこれらの話しをすべて得るためにキエロンの本へ移ることができる。」

全文はこちら