「シークレット・ウォーズ ライブ・キックオフ」で見る『発表の中でも極め付きの発表』とは!?

 

COMIC BOOK.com サイトより
2015-01-17_000723

マーベル・コミックスは「シークレット・ウォーズ ライブ・キックオフ」を火曜日にて開催し「発表の中でも極め付きの発表」を約束した。
それで我々は何を見るのか?真っ先にそれはコミックの発表でありえる。言葉づかいもある:発表の中でも極め付きの発表。文字通りであり、楽しみがあるならばそれ自体が手掛かりである。我々には若干のアイデアがある・・・。

リブート
マーベル・コミックスが何らかの形で彼らの出版境界をリブートするという考えは長い間、方々で見られている。それはニュー52でのDCの成功の後、むしろ大声で話された。それは優れた競争の推進としてマーベル・ナウ!を開始するマーベルの決定に影響を与えた。
なぜリブートするのか?映画はマーベルの内容に対する多くの関心を運転している。しかし、コミックでのユニバースはそんなに映画に似ていない。マーベルは時間とともに少しずつ一緒にしていった。しかし、彼らが望む所では前の連続性からの突然の中断は、彼らがすべての部分をセットするのを許す。

より関係性がある多次元
DCがストーリーテリングの壮大なキャンバスにおいて彼らの多次元はしばしば使われるが、マーベルはほとんどが一般的に使われない。マーベルの中心世界はアース616で、他の一般的に用いられるヴァリアントは1610と199999だ。それらは必ずしもアース1とアース2ではない。
それでもわれわれがシークレット・ウォーズから見たものは、時間と空間を通したいくつかの場所がバトルワールドの上で共存していることを示す。また、エイジ・オブ・ウルトロンは時間、空間、多次元を飛んだ。
一連の「すべての終わり!」のストーリーがアルティメットユニバースを攻撃して、大切にされ愛させるマイルズ・モラレス以外を失い、その世界をマーベルの本線世界に折り、少なくとも横断する距離をいくらか安易にして、アルティメットタイトルを除くことで彼らの問題に対するかなり楽な回答のようだ。

映画とTVにブランディングする
我々はコミックを考えている。それは多分コミックだろう。しかし、我々はこの前コミックと考えていたものが、大きい映画のスレートであることが分かった。どのように彼らはここで類似した何かをすることができたのか?
マーベル・シネマティック・ユニバース「シークレット・ウォーズ」のフェーズ3に商標を付ける。そして、計画的な映画の3つのタイトルは「ウォー」となる(キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー、アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー)。


Secret Wars
Jim Shooter
Marvel
2011-12-28


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です