ワイティティ監督が映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の大部分がキャストの即興でできていると話す!

CBRより

映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」についてタイカ・ワイティティ監督はコリダーのインタビューにて、映画のコメディとドラマの釣り合いについてキャストの即興に頼ったと明かした。
「私は常に脚本が骨格だと思っている。映画の大部分のシーンが即興でできている。私は役者の隣で常に彼らの提案を叫んでいた。それはアンソニー・ホプキンスやケイト・ブランシェットに至る全ての人に伝わる。それはちょっと面倒だけど、その厄介さが大きな拍車をかける。その後、主要なバランスが編集で見つかる。だから、ほとんどのテイクでは頂点を越える撮影をし、素晴らしい中間のバランスを得ている・・・。」
さらにワイティティ監督はキャストの即興について、制限を与えなければ彼らはより遠くへ押し広げていけることに驚いたとも話している。
映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は11月3日より日本公開予定。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です