CBRより

マーベルがイベント「ウォー・オブ・ザ・レルムス」に「トニー・スターク:アイアンマン」がタイインすることを発表した。ライターとしてゲイル・シモンがシリーズを担当し、#12からタイインとなる。アイアンマンはアベンジャーズの基地アベンジャーズ・マウンテンをマレキスの軍から守る重要な任務につく。

シモンは「奇妙なことに何年も前に、アイアンマンのためのこのストーリーが頭に浮かんだ。それは私が読んできたトニーのストーリーとは異なっていたが、とても面白そうに聞こえた。それからトム・ブレヴォートが書いたウォー・オブ・ザ・レルムスをやりたいか聞かれ、私のアイデアが完全に当てはまると運命を感じた。」と話している。シリーズに登場したキャラクター達も登場予定で、トニーのチームが協力してアベンジャーズ・マウンテンの守備にあたる。

「トニー・スターク:アイアンマン」#12は5月より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です