Comicbook.comより

DCコミックの人気キャラクター「スーパーガール」の実写映画「Supergirl: Woman of Tomorrow」の公開日が決定しました。6月26日 (2026年) に劇場公開されることが発表されました。

「Supergirl: Woman of Tomorrow」は、ジェームズ・ガンとピーター・サフランが手がける新しいDCユニバースの2作目となり、2025年7月11日公開予定のガン監督による「スーパーマン」映画に続きます。「Supergirl: Woman of Tomorrow」の撮影は、「スーパーマン」の製作終了後、2024年末から2025年初にかけて開始される予定です。

主演は、ドラマ「ハウス・オブ・ザ・ ドラゴン」で知られるミリー・アルコックが務めます。監督は、「クルーエラ」や「パム・アンド・トミー」、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」などを手掛けたクレイグ・ギレスピーがメガホンを取ります。「Supergirl: Woman of Tomorrow」は、トム・キングとビルキス・イヴリーによる同名のDCコミックスが原作となっており、ルーシーという少女を守るために宇宙を旅するスーパーガール、カーラ・ゾル・エルの姿が描かれます。

created by Rinker
¥2,789 (2024/05/24 12:28:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2024/05/24 06:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す