ScreenRantより CBRより

公開中の映画「マダム・ウェブ」ではマーベル・コミックスに関連した要素や参照が多く存在している。映画に登場した多くのイースターエッグについて紹介。

※以下、公開中の映画「マダム・ウェブ」のネタバレが含まれますので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパイダーマンの力に『マダム・ウェブ』の伝承要素が追加される

「マダム・ウェブ」がスパイダーマンの幅広い伝承に初めて言及するのは、マーベル・コミックからの大きな変化となる。映画はカサンドラ・ウェブの母親がアマゾンで治癒効果のあるクモを探しているところから始まる。エゼキアル・シムズに裏切られ撃たれたコンスタンスは、神話に登場する「スパイダー・ピープル」に助けられる。このグループはクモの力を持ち、スパイダーマンがまだこの宇宙に存在していないにもかかわらず、スパイダーマンのコミックのデザインに似た服を着ている。

メイおばさんに言及

映画のオープニングの後、カサンドラ・ウェブのニューヨーク市救急隊員としての生活が映し出される。彼女はアダム・スコット演じる若いベン・パーカーと一緒に働いている。勤務を終えた2人がくつろいでいると、ベンが新しい女性と付き合っていると言う。キャシーは彼女の名前を尋ねるが、ベンはそれを告げず、キャシーはその関係は真剣なものに違いないとからかう。これは、スパイダーマンの物語のほとんどすべてで登場する著名な人物であるメイおばさんへの明らかな言及である。

カサンドラ・ウェブはとても重要なベビーシャワーを訪れる

「マダム・ウェブ」でのメイおばさんのイースターエッグの後、映画ではベンの義理の妹のベビーシャワーに出席するキャシーが描かれる。この女性は、マーベル・コミックに登場するピーター・パーカーの母親、メアリー・パーカーにほかならない。このベビーシャワーは、メアリーの息子の誕生を祝うためのもので、名前は伏せられているが、将来SSUのスパイダーマンになることは明らか。

キャシー・ウェブは赤と青の服をたくさん着ている

ピーター・パーカーを示唆するには、メアリーのベビーシャワーでのヒントだけでは不十分だとしたら、マダム・ウェブはコミックキャラクターを参照し続けている。映画を通して、キャシーは赤と青の服を着ている。彼女の赤いコートはしばしば青いジーンズと組み合わされ、無意識のうちにスパイダーマンの古典的なコミックの色彩を連想させる。

リチャード・パーカーの謎めいた過去に言及

「アメイジング・スパイダーマン」から始まったソニー版スパイダーマンの一般的な変化の一つは、リチャード・パーカーの謎めいた過去だった。アンドリュー・ガーフィールド率いる映画では、リチャード・パーカーがピーターのスパイダーマンとしての起源と結びついた暗い過去を持っていることが紹介された。「マダム・ウェブ」では正確にはそうではないが、リチャード・パーカーが謎の仕事でいつも家を空けていることが言及されている。ソニーは、リチャード・パーカーがベールに包まれた過去を持っているというコンセプトを、スタジオがどのようなスパイダーマンを構築する際にも再利用しているようだ。

メアリー・パーカーはスパイダーマンへの微妙な示唆

「マダム・ウェブ」のベビーシャワーのシーンの終わりごろ、メアリー・パーカーは赤ん坊がいかに活発であるかについて言及する。彼女は、この子はいつも「飛び跳ねている」と述べているが、これはピーター・パーカーの後のパワーについてやや示唆している言及である。ピーターの将来について知られているように、彼は犯罪と戦うために 「飛び回り」ニューヨークの街へ繰り出すだろう。

マダム・ウェブにはウェブのアイコンがたくさん含まれている

映画全体を通して、「マダム・ウェブ」の撮影にはウェブのような模様がいくつも登場する。ガラス窓のひび割れが蜘蛛の巣に似ていたり、カーテンの網目が蜘蛛の巣に似ていたりと、「マダム・ウェブ」はキャシーとスパイダー=ピープルとのつながりを絶えず連想させる。これは映画の最後、メアリー・パーカーの息子が生まれる場面でも、生まれたばかりのピーターの頭上に蜘蛛の巣のようなカーテンがかかっているのが映し出される。

『スパイダーマン』という言葉を使わない

「マダム・ウェブ」はソニーのスパイダーマン・ユニバースを舞台にしているにもかかわらず、「スパイダーマン」という単語を使わないように努力しているようだ。エゼキエルが壁に登って3人の少女を追いかけるシーンが映し出されるとき、彼女たちは彼を「天井男」としか呼ばない。同様に、アマゾンの部族は「スパイダー・ピープル」と呼ばれ、ジュリアはエゼキエルのことを「ある種のクモのような…人」だと言う。これは「マダム・ウェブ」のイースター・エッグには見えないかもしれないが、脚本家が主人公の名前を使わないようにしたことで、イースター・エッグになった。

『マダム・ウェブ』ではソニー版ハルクが登場する

「マダム・ウェブ」の中盤、アーニャ、ジュリア、マティの3人は、近くのダイナーに食べ物を買いに行くことにした。マティは他の女の子たちに、「私が空腹だと嫌われるよ」と言う。これは、ハルクというキャラクターを参照するソニー独自の方法。オリジナルの「インクレディブル・ハルク」では、「私が怒っているとき、あなたは私を好きにならないだろう」というセリフが発せられ、以来ハルクのキャラクターの代名詞となっている。

ピーター・パーカーの4スター・ダイナーが『マダム・ウェブ』に登場

マティ、アーニャ、ジュリアがシムズ襲撃前にたむろするダイナーは「4スター・ダイナー」と呼ばれている。これはコミックでピーター・パーカーが大学時代にたむろしていたダイナーをオマージュしている。しかし、シムズは食事をする場所ではなく、女の子たちを殺害しようとしてこの場所を荒らしまわる。幸運なことに、キャシーがシムズに車をぶつけ、彼女たちを連れて逃げる。おかげでダイナーはコミックよりもずっと混沌としている。

ブリトニー・スピアーズの『トキシック』がエゼキエル・シムズ襲撃を予感させる

前述のダイナーに入って間もなく、アーニャ、ジュリア、マティはブリトニー・スピアーズの「トキシック」に合わせて踊り始める。この曲自体は、映画の2000年代初頭の設定を示すイースターエッグであると同時に、エゼキエル・シムズの不可避な攻撃を予感させるものでもある。シムズはクモの能力で犠牲者を毒殺する力を持っており、「トキシック」という曲でその準備が整う。

『マダム・ウェブ』がスパイダーマンの象徴的な言葉を変える

スパイダーマンの象徴的な言葉は、このキャラクターの繰り返しの登場を通して浸透している。本作ではスパイダーマンは登場しないが、その言葉はカサンドラ・ウェブのストーリーに合うように差し替えられた。カサンドラはアマゾンのスパイダーマンたちを訪ね、彼らのひとりが彼女に、「責任を受け入れれば大いなる力が生まれる」と告げる。

『マダム・ウェブ』のマティの服はスパイダーマンを参照している

「マダム・ウェブ」の第3幕では、メアリー・パーカーが陣痛に襲われる。彼女が病院へ向かう車の後部座席には、助手席のマティの姿が見える。このシーンでマティが着ているのは鮮やかな青と赤のパーカーで、偶然にも後部座席では未来のスパイダーマンが誕生している。

エゼキエルを倒すペプシの看板がスパイダーマンを示唆

映画のクライマックスとなる第3幕の後、エゼキエルは落ちてきた「ペプシコーラ」と書かれた看板に殺される。看板から落下し、エゼキエルの死を告げる2つの文字は「S」と「P」で、これらはスパイダーマンの最初の2文字であるため、マーベルのウェブ・スリンガーに対するもう一つのマダム・ウェブのイースター・エッグである。

『マダム・ウェブ』がコミックに忠実な外観に

キャシーは「マダム・ウェブ」の最終幕で負傷し、その余波で病院に運ばれる。キャシーは花火のせいで視力を失い、エゼキエルの攻撃で半身不随になる。これが映画のラストシーンにつながり、キャシーは目に包帯を巻いた後、自動車椅子に座りながら包帯をやめてサングラスをかける。これはマーベル・コミックのマダム・ウェブの外見を模倣したもので、この映画のヒーローにコミックに忠実な外見を与えている。

『マダム・ウェブ』はベンおじさんの将来を示唆する

キャシーが病院で療養していると、ジュリアがベンの甥は何の問題もなく生まれ、完全に健康であると告げる。ジュリアはまた、ベンは責任を負わずに楽しめるため、おじさんであることが大好きだとも述べている。キャシーは「ベンはそう思っている」と答え、スパイダーマンの物語でよくあるように、リチャードとメアリーの死後、ベンがいずれピーターを育てなければならないという事実を示唆する。

『マダム・ウェブ』のエンディング・テーマは、スパイダーマンの象徴的な曲を反映している

「マダム・ウェブ」の最後のイースター・エッグは、映画のラストシーンにある。キャシーがアーニャ、ジュリア、マティがスパイダーウーマンとして活躍する未来を思い描くシーンで、聞き覚えのある音楽が流れる。「マダム・ウェブ」の作曲者であるヨハン・セデルクヴィストは、独自のアレンジを加えているが、ソニーの「スパイダーマン」にしばしば付随する音楽と似たような曲で終わっている。

created by Rinker
¥1,210 (2024/05/24 09:11:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,500 (2024/05/24 13:34:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す