CBR サイトより
2014-12-02_151952

マーベルはスリルな方を向いて次のディズニー・キングダムのインスピレーションのために乗る。
5巻に及ぶリミテッドシリーズはライターのデニス・ホペルスとぺンシーラーのタイ・ウォーカーによって引かれる。

CBR:
「二人は私の全体的なトーンについて何を共有することができますか?」

デニス・ホペルス:
「私は『勇士』または『アラジン』そして映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のトーンを受けると思う。
『ビッグ・サンダー・マウンテン』全年齢の冒険ストーリーだ。しかし、我々は時々少し暗くなるのを恐れない。
私は常に高い冒険で少し感情的深さが好きだった。」

タイ・ウォーカー:
「私はそれがヤギを噛んでいるダイナマイト関係があると思う。
それは私がもん等に持っているすべてだ。
ちょっとふざけること!
『ビッグ・サンダー・マウンテン』ヤギではないけれど続いているたくさんのものがある!
それはオールド・ウェストで起こり、アビゲイル・ブリオンが彼女の母の死後、父バルナバ・T.ブリオンと一緒に暮らすためにビッグ・サンダーへ移って我々は彼女に続く。」

全文はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です