CBRより

マーベルは各時代のキャラクターに焦点を当てたワンショットシリーズから、新たに「スター・ウォーズ:エイジ・オブ・レジスタンス」を発表した。最初のワンショットは「スター・ウォーズ:エイジ・オブ・レジスタンス フィン」#1となり、シリーズはライターのトム・テイラーとアーティストのラモン・ロサナスによって描かれる。フィンのストーリーは彼がスターキラー基地でストームトルーパーだった頃についてを話されるという。

「スター・ウォーズ:エイジ・オブ・レジスタンス レイ」#1ではレイとチューバッカがルークと会う前にあった出来事についてが話される模様。

「スター・ウォーズ:エイジ・オブ・レジスタンス キャプテン・ファズマ」#1ではキャプテン・ファズマのキャリアの初期についてを描いていき、キャラクターの魅力をもう少し詳しく説明するという。

更に「スター・ウォーズ:エイジ・オブ・レジスタンス・スペシャル ホルド」も発表され、ライターのG・ウィロー・ウィルソン、トム・テイラー、クリス・エリオプーロス、エルサ・シャレチエが参加する。この号ではアミリン・ホルド、マズ・カナタ、BB-8のストーリーが描かれ、ホルドのストーリーをウィルソンが担当し彼女の初期の日々を描く。

「スター・ウォーズ:エイジ・オブ・レジスタンス フィン」#1は7月より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です