CBRより

マーベル・コミックスは創立80周年を祝った「マーベル・コミックス」#1000を発表した。先日、発表された80のクリエイティブチームが、80の異なるストーリーを描くアンソロジー形式となる。

エグゼクティブ・エディターのトム・ブレヴォートは「これは私が今までに集めなければならなかったものの中で、はるかに複雑で難しい本だ。」とニューヨーク・タイムスに語った。

クリエイターの1人アル・ユーイングによると「複雑なジグソーパズル」と呼ばれるワンショットになり、「これは頻繁にあることではなく、名誉なことだ。」とも語っている。

「マーベル・コミックス」#1は2号以降ではタイトルが「マーベル・ミステリー・コミックス」に変更され、後に「マーベル・テイルズ」へと変更された。今回の#1000というナンバリングが「象徴的」なものとして付けられているとブレヴォートは話している。

「マーベル・コミックス」#1000は8月より発売予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です