Newsaramaより

マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは、ディズニー+にて配信されるドラマ「ロキ」が、映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」に影響を与えることを明かした。

ファイギはBloombergとのインタビューで、スカーレット・ウィッチがその映画の重要人物であり、更に「ロキ」シリーズも同様に重要となることを指摘している。ファイギは「以前にそれを実際に認めたかどうかはわからないが、そうだ。」とコメントしている。

詳細については明かされていないがディズニー+の「ロキ」は映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」においてテッセラクトを持って逃げた別のタイムラインのロキの動向を追う。それによって発生するマルチバースに関して映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」にも影響されることが考えられる。

ドラマ「ロキ」は2021年春にディズニー+にて配信予定。映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」は2021年5月7日より米公開予定。

アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版)
ドクター・ストレンジ (字幕版)
¥ 2,500
Amazon.com Sales, Inc.

コメントを残す